大好物は東方神起

カッコいいだけじゃない そんな東方神起にちょっとだけツッコミます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LIVE WORLD TOUR 『Catch Me』in SEOUL超個人的レポ~これを今更、なにを今更。今更二乗。

12yn-1117-18catcheme-seoul-e-4-1.jpg

タイトルの「今更二乗」って『今さらジロー』とは、全く関係ないですからね。



2012年11月17日。 ソウル オリンピック公園体操競技場。





メインステージから延びた花道の先、センターステージで『Getaway』が終わると

そこにひとり残ったユノにスポットライトがあたる。





12yn-1117-18catcheme-seoul-a-31.jpg

『Why?~Keep Your Head Down~』のオープニングのドラムの音に合わせ

ユノがその身体を大きく弾ませながら踊るステージは、花道をメインステージへゆっくりと移動していく。

メインステージに到着したユノは、照明のあたらない上手袖へ一旦さがり

ユノと入れ替わりスポットライトを浴びたチャンミンは、滑るようにステージへ躍り出て

ダンサー2人を従え華麗に踊る。

チャンミンが踊り終わるのを見計らいユノは、ステージの真ん中へゆっくりと歩み寄り

向かい合わせになったユノとチャンミンが力強く上と下で一回ずつ手を合わせると大きな爆音と共に花火があがる。

ステージが暗転した後、始まったのは『Why?』ではなく『HEY!(Don't bring me down)』。

目映く光る様々な色のレーザーがふたりを包む中、ユノはステージ上手に、チャンミンは下手にそれぞれ分かれ

アリーナ席の上空をワイヤーで吊るされ横切っていく。











12cm-1117-18catcheme-seoul-a-1-1.jpg

身体をアリーナにだらりと投げ出したチャンミンは、捕まえられそうで捕まえられない観客との距離を

弄んでいるようで















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-15-1.jpg

チャンミンとは違い姿勢よくグリップで自分の身体を支えたユノは、なにを思ってか天井を見上げた後
















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-12-1.jpg

巡視しているような眼差しで会場全体を見渡している。









アリーナ席の上を横切りセンターステージから両翼にのびる通路に降り立ったチャンミンは

素早くグリップとステップから身体を離し、気合いを入れるようにジャケットの襟を一度グッと握り

ダンサーがスタンバイしているステージへと大股で歩いていく。

降下するはずのワイヤーが意に反して上昇して行き、なかなか降りることができなかったユノは

ようやく着地するとグリップを投げ出すようにはずし、既に間奏も終わりチャンミンとダンサーが踊っている

ステージへ駆け足で走っていく。









再びセンターステージ中央に戻って来たユノとチャンミンは









12yn-1117-18catcheme-seoul-a-25.jpg

むき出しにした闘争心をぶつけ合うように相手をけしかけ

それに呼応する観客を巻き込みながらお互いを煽り立てていく。


















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-16-1.jpg

挑戦的で挑発的。

















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-18.jpg

扇動的で扇情的。










歓喜する観客の声を一身に浴び、ステージの中央に君臨するユノとチャンミンは











12cm-1117-18catcheme-seoul-a-5.jpg

身体の奥底から咆哮したくなるような雄々しさと


















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-6-1.jpg

魂を揺さぶるような美しさを兼ね備え










そのふたりが繰り出すパフォーマンスは、揺るぎのない強さと変わることのない輝きを放ち








12yn-1117-18catcheme-seoul-a-35.jpg

「おれたちが東方神起だ!」

















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-36.jpg

「これが東方神起だ!」

と雄弁に語っているようだった。














『HEY!(Don't bring me down)』を聴いたのはずいぶんと久しぶりでした。

また、観るのも久しぶりでした。





『HEY!(Don't bring me down)』は大好きな曲のひとつで





cm-243_20130212035914.jpg

繰り返し聴いては真っ直ぐに“カッコいい”を表現し
















yn-746.jpg

ライブを観てはど真ん中に“カッコいい”を体現する東方神起に、駆け昇る高揚感は止まりませんでした。







『HEY!』と同じようにこの他にもたくさん、本当にたくさん、東方神起の好きな曲はありました。

どの曲も、自分にとって欠かすことの出来ない大切な曲たちでした。

しかし、ある時期からそれらを聴くのをやめてしまいました。

もはやなるようにしかならない流れに真剣に考えることは必要だと思いながら、しかし深刻になりすぎずに

ニュートラルに目の前の出来事を捉えようとしていたにも関わらず、

いや、そうしようとしていたからこそ、彼らの曲を聴いて思い出す出来事に、考えてしまう様々な出来事に

わずかでも感情が揺れ動くことが怖く、大好きだった曲たちを”封印”してしまいました。

止めることができないと思っていた高揚感は、その場で硬直してしまいました。









2012年11月17日、久しぶりの『HEY!』に封印してしまった頃に恐れていた感情の揺れは起りませんでした。








yn-1671-1.jpg

彼らがこの曲を最後に踊った上海のライブを観て以来、目の当たりににすることになった『HEY!』は

東方神起が変遷していく過程で起った化学反応と蓄えた力で、新しい顔をみせ















cm-881-1.jpg

それは硬直してしまった高揚感をいとも簡単に解き放ち、ステージ中央のふたりのパフォーマンスに

再び自由になった高揚感は一気に加速していきました。

加速していった先には痺れるような快感と感動があり、それは意図もせず込上げてくる涙にかわっていきました。


















shi-yn11-1.jpg

自分の怯えから封印してしまった曲たち。

それらは硬直した心が解き放たれた瞬間に息を吹き返し、

ユノとチャンミンが歌い、踊り表現することで新たなる解釈と評価を得て、彼ら東方神起と共に前進していくんだ…








そのことは自分の中ではとうに理解していたことと思っていたのに、改めてこの日この曲で強く感じたのは

ごく当たり前のことのように目の前で繰りひろげられる事実が

そうではない軌跡が辿った先の奇跡であり

多くの出来事で生じた様々な感情を昇華させた結果であり

自分には欠かせなかった、しかし止めてしまった曲が

「これが東方神起だ!」

と宣言するかのようなユノとチャンミンのパフォーマンスで、再び動き出したよろこびを実感したからなのかも

しれません。

















12yn-1117-18catcheme-seoul-b-30-1.jpg

今更すぎる…

















12cm-1117-18catcheme-seoul-b-1-1.jpg

なにを今更。





とっくにそんなことわかってますけど、というみなさまには途中からあくびをしながら呆れられていたことは

重々承知。

しかし、あの日のこの曲で感じたことをまとめなければライブのレポは先に進めないと

何度かトライしたものの、あの日の感覚も感動も快感も、もちろんユノもチャンミンも手に取るように

思い出せるのに上手く文章にで出来ず(毎度お馴染み)。

実はもう少しプリミティブというか、いい意味で概念的というか、そんな感覚でもあったためそれを伝えるのは

プリミティブがゆえに文字を持たない民族のように口承か、またはあの日の私を私が憑依させる

イタコかシャーマンになる等々、上手く書けないなら方法は他にもあったような気がしなくもないですが(本当か)、








あれこれ言わず







12yn-1117-18catcheme-seoul-a-53-1.jpg

理屈抜きに雄叫びをあげたくなるほどカッコよかった!


















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-23.jpg

「おい、オマエらマジでカッコいいじゃんかよ!あん」



















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-20.jpg

とチャンミンのごとくユノにメンチ切りたかった


















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-7-1.jpg

この気迫の『Hey』を観るためなら、世界中どこへでも行ってもいい!と思った

で、伝わったのかもしれない。

と今更気がついたのであります、ゴンッ←うなだれた頭が机にぶつかった音。

しかし、期せずして込上げてきた涙には理屈抜きでメンチを切るだけではすまない、自分なりの理由がありました。











そして、ユノファンの風上どころか風下にすら置けない











12yn-1117-18catcheme-seoul-b-10-1.jpg

風上だろうが風下だろうがどこにも置いてさえもらえない、私のこの体たらく。









Bigeast卓上カレンダーの新しい週がめくられ、見る者に春暖のような心持ちと共に







なぜか不安や焦燥感を与える








13yn-0206-1.jpg

奇才・ユンホ画伯が描いたケーキに目がいく度、尾籠(びろう)な想像を禁じ得ない日々を送った3日目。







2月6日に日付が変わり、降り始めた雨が明け方とうとう「まっ白い冬の毛布」なり


ユノのお誕生日に対してはずっとこの気持ちのままで

Happy Birthday! U-know's my miracle






そんなユノのお誕生日当日に記事のひとつもアップ出来ない自分の気持ちはこの通りで

2月6日から二日経過、今日でも許してもらえますか?





ユノのお誕生日に改めて思う自分では抱えきれなくなってるユノへの気持ちはずばりこれで

2月6日はこんなことを思いました





ついでにいうと、チャンミンのお誕生日を祝いながらこんなオチになってしまったユノバカで

改めまして「Happy Birthday! 私の王子様チャンミン!」…だけでは終わりません

※いずれもまだご覧になっていない方がいらっしゃったらお時間のある時にでもどうぞ







放ったらかしにしていた訳でも、お祝いの気持ちが無かった訳でもないですが

とうに過ぎてしまったユノの誕生日に対する自分の後ろめたさと罪悪感。










12yn-1117-18catcheme-seoul-b-5-1.jpg

スーパーロマンティックリアリスト(自称)であるが故に常につきまとう

直接面識のない人の誕生日を祝うことへのくすぐったさと気恥ずかしさ。

3ヶ月も前のライブの感想を今更、更に内容も今更に氾濫する気後れ感。








しかし、今更になっても







12yn-1117-18catcheme-seoul-l-39-1.jpg

あの日、また前へ進ませてくれた東方神起には心からの謝意を



















12yn-1117-18catcheme-seoul-l-48.jpg

あの日の東方神起のライブには惜しみない賛辞を


















12yn-1117-18catcheme-seoul-a-44-1.jpg

その東方神起のメンバー、ユノに今更言えない















130206-1.jpg

「お誕生日おめでとう」














12yn-1117-18catcheme-seoul-j-4-1.jpg

のメッセージの代りに今更ながら送ります。







これを今更!?(唖然)な方、なにを今更(呆然)な方、今更二乗(呆気)だと思う方、カッコよかったらそれでよしな方、メンチ切りたくなった方(ユノ、チャンミンどちら派ですか?)、これが東方神起だ!な方、ユノの誕生日に毎年言い訳してると気がついた方(シーっ)、なんかよくわかんないけど封印が解けたのね、てか封印してたんだと思った方(まぁいろいろ…)、なんかよくわかんないけどユノの写真いっぱいあったからいいかなそんな感じで軽くポチッと…うわっはっはっはっ、とりあえず笑って誤摩化せ、いや笑い門には福来る、うわっはっはっは、うわっはっはっは、はぁぁ(ため息)、あの日のことを書きあげようと意気込んだのが香港行きの飛行機の中(既に遅し)、しかし香港で予想外の出来事に遭遇、そのために宿題を抱え、そのまま筆はピタリと止まり、しかしこれをきちんと書き上げてユノのお誕生日に突入しようと予定を立てたものの、私にとって予定はその通りいくものではなく公私問わず予定は外れるもの(きっぱり)、ユンホ画伯の見る者を疑問の淵に追いやる画才で描かれたケーキを眺めながら、一応ケーキに見えますが尾籠な想像を禁じ得ません、で一体このケーキ何段だと思います?パッと見2段みたいに見えるんですがよ〜く見ると2段目らしきものは平面、お皿に載ってると思います?それとも直置き?ケーキは一段でお皿が2枚という斬新なユンホ画伯の盛りつけなのか?ケーキの側面に刺さっているロウソク1本も気になってきたりして、うむ、さすがはユンホ画伯の絵は奥が深い、とか考えていたらあれよあれよという間に2月6日は過ぎ、過ぎたら過ぎたでスーパーロマンティックリアリスト(たぶん乙女の本質ってこれだと思う)の性質がむくむくと顔を出し気がつけば今日に至り、いやいや去年は確か2月11日の福岡のライブ会場でユノのお誕生日をみんなでお祝いしたからこのくらいでも大丈夫、ってなにがどう大丈夫なんだか、ということより今頃今更のタイミングで、今更な内容が面倒くさい記事で申し訳ありませんと言い訳と恥を塗り重ねてる管理人・じぇいるんが、あれこれツッコミたいネタも書きたいこともたくさんあるんですが如何せん時間がぁぁ、だから読み返ししてないのでいつも以上に誤字脱字があると思いますが、ユノ画伯の絵並みに大目にみて下さい、あぁ朝になってしまいました、といつも通りのことを言いながら本日もこんなところまでお付き合いただいたみなさま、コメント、拍手、ポチッとしてくださるみなさまに心より感謝いたします。
追伸 ドフンちゃんは元気かしら?

※画像の出処は、写真の中にあります
スポンサーサイト
  1. 2013/02/12(火) 05:26:26|
  2. 超個人的レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<新キャラ憑依で言いたい放題 | ホーム | 『光化門恋歌』超個人的レポ〜取り急ぎ録って出し〜>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/12(火) 10:16:48 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ドキドキしました。
読んでいてドキがムネムネしてドフンドフンでした。

二人のHEY!を初めて動画で観た時の感情を
じぇいるんさんが細部まで美しく全て表現してくれたようで

マンゴーを三枚におろし、食べやすいように賽の目に切ったあと、
皮をくるりとやって、瑞々しい果肉をプルリとさらけ出してくれたように

言葉にするのが面倒な難しいところを全部、文字にしてくれたような。
高揚しました。はぁぁ~♡

そうそう、チャンミン、弄んでいる、しっくりきました。
やっぱり本物を見て来た方の声は、リアルですね~。
それを表現してくれるじぇいるんさん、貴重ッス!国宝ッス!!

完全に尾籠ケーキですね。小さな虫が後ろ足で転がしていく、あの類ですね♪
ケーキは何段重ねなのか。。。ランチョンマットなのか、皿なのか、スポンジなのか、はたまた。。。
もしかしたら考えてはいけない何かなのかもしれません。
考え出したら、無駄に時間を奪われるトリックなのかも。

一体なんの為に?!
  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 11:48:34 |
  3. grico #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/12(火) 13:55:04 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

恋しいです。

じぇいるんさん、

「野王」が大変なことになってる中、
本当に、嬉しい内容の記事、ありがとうございます。

かつて、TVの音楽番組で、ランニングにボンタン(しっぽ付き)というガテン系衣装で披露された「Hey!」。
まさかのハンドマイク生歌で、うわああああーーっ!すっげー!!となったのが懐かしいです。

「野王」での、裏切りと復讐の加速度が増すのと比例して、
どうやら視聴率も伸びているようですね。めでたいことです。
しかし、ドラマの展開やツッコミどころ満載かげんに目が離せなってると同時に、
だんだんと、ステージのユノが恋しくて恋しくて、たまらなくなってます。
実際、もう我慢限界。

どうぞ、じぇいるんさん、
いまさらジローなんて言わずに、
ステージのユノ、これからも感じさせてください。
そしたら、なんとかお利口に待ってられそうですよ。
  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 16:22:08 |
  3. リバー #v8QjPvAY
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/12(火) 20:53:02 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

こんばんは☆

レポありがとうございます。
『HEY!』の感動、すごく伝わりました!
封印してしまった大好きな曲たち・・
たくさんありますね...。
『HEY!』の動画を観た時、生で観たかったとホントに思いました。
ドームツアーはもちろん楽しみですが、私はワールドツアーを日本でやってほしいです...。
  1. URL |
  2. 2013/02/12(火) 21:54:12 |
  3. ワサビ #-
  4. [ 編集 ]

「HEY!」で釘付け&ドフン

じぇいるんさま

『HEY!』良かったですよね~
二人になってからの東方神起ファンの私が、過去映像チェックではまってしまった曲。
まさか、ワールドツアーで二人のパフォーマンスで見せてくれると思わなかったので
ソウルでの初披露のときは本当に嬉しかった!その記憶がじぇいるん節で蘇りました。
香港の顔面超接近の煽り合いでは、明らかにチャミがにやけている、もとい口元がほころんでるのが、なにか微笑ましかったです。


しかしじぇいるんさま、
公私ともにご多忙な様子。
野王どころじゃないのですね?
ドフンは今のところ相変わらずのぼっちゃんぶりで、世のユノペンたちを
キリキリさせてます。
さて、どこで爆発するやら。

お時間なかなかとれないでしょうが、
また楽しい記事をお待ちしてます。
いつもありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2013/02/13(水) 07:03:27 |
  3. ロータス #leF2ecbc
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/13(水) 16:43:19 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/13(水) 23:35:55 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

いまさらジローを調べてしまった・・・

諸般の事情でライヴ観戦が叶わぬ身には、
じぇいるんさんレポは二人の息遣いを感じる有難い存在です。

今更?
とんでもない!
今でも、ルドルフレポを虎の巻としつつTONEのDVDを観ては一粒で二度楽しんでいるんですから。

戦場記者として活躍して頂く為にも、手つかずだったビギ枠権利を献上すべきだった、と今頃気づきました。
持てる運・勘・根、 知力・体力・財力、 地盤・カバン・看板、
何でも総動員して、ドームリポも宜しくお願いしますね!!


それにしても、じぇいるんさんレポを読むと心が痛くなるのは何故なんでしょう?



  1. URL |
  2. 2013/02/14(木) 10:51:36 |
  3. #vE5SetPA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/14(木) 19:19:34 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/15(金) 00:54:12 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/17(日) 09:08:59 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

なんだろう・・・

何か泣いちゃうんですよ。じぇいるんさんの文章を読むと。。。
  1. URL |
  2. 2013/02/17(日) 14:25:55 |
  3. ten #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/02/18(月) 00:30:22 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

今更ながら

じぇいるんさん、おはようございます。

私も今更ながら思います。

ユノとチャンミンの姿に、凝り固まった気持ちをほぐされてきた事。

じぇいるんさんの記事で、気持ちを立て直してきた事。

静かに頷かれてる方が多いのではと、

今回の記事を読みながら、感じます。

大事な部分を突っつかれる感じがするのかな(笑)。

だから、読んでいて、沁みるのかな?

前回の「光化門恋歌」の動画。
今回のライブレポ。
いつもありがとうございます。

そして今更ながら、
ユノ、お誕生日おめでとう、12日前(爆)。

チャンミン、お誕生日おめでとう♪
  1. URL |
  2. 2013/02/18(月) 08:24:45 |
  3. miroku #yd6NwR0I
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyjcy2009.blog62.fc2.com/tb.php/332-d6d4fe82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じぇいるん

Author:じぇいるん
居たたまれない気持ちにさせるなら天下一品の
ユノにヘンな汗をかかされつつも
カワイくてカッコいいユノにドキドキして
キュンとしているユノバカ。
愛すべき男ユノを肴にMAX(ビール)飲むのが
お気に入り。
いただきます!ごちそうさまでした!
大好物はしっかりいただきます。
座右の銘は『棚からぼたもち』。

メールアドレス

Designed by Shibata

最新記事

ページジャンプ

全ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

カテゴリ

大好物/東方神起 (47)
大好物/ユノ (154)
大好物/チャンミン (15)
超個人的レポ (80)
東方神起内閣シリーズ (17)
大好物/ユチョン (5)
大好物/ジェジュン (2)
大好物/ジュンス (3)
大好物/カップルたち (1)
乙女ブログ『Love U-know&U-chun』 (9)
特別待遇/2U (13)
サイドメニュー (4)
食べ物以前 (3)
未分類 (0)

FC2ブログランキング

拍手もいいけど、ポチっともね! いいことあるらしい…

FC2Blog Ranking

みなさまに感謝、ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。