大好物は東方神起

カッコいいだけじゃない そんな東方神起にちょっとだけツッコミます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『2012 a-nation stadium fes. 東京』超個人的レポ~えっ!? 今頃!?な理由!? ~

12yn-0824cosmomen9-1.jpg

朝晩はしのぎやすくはなりましたが、まだまだ残暑が続く毎日。

みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか?

ご無沙汰しております。じぇいるんです。

気がつけばとっくに9月に入り10日以上も経過していました。


ファッション誌のキャプ風にいうなら

12yn-0824cosmomen9-3.jpg

ロカビリーテイストな50'sとアメリカントラッド創成期の60’sをミックスしたコーディネート。












12yn-0824cosmomen9-4.jpg

カラーやパターンの切り替えが少年の遊び心とハイクオリティなアイテムが大人のラグジュアリー感を

ふたつ同時に併せ持つA/Wスタイル。







という感じですかね。








12yn-0824cosmomen9-5.jpg

さすがは世界の『COSMOPOLITAN』。

品がいい、センスがいい、おしゃれでいい。







しかしながら、ユノもチャンミンも







なんとなく







img051-2.jpg

いや、わりとはっきりと












img052-2.jpg

カフェめるへんオーナー小川一義のにおいがする(二度目の登場)。








もしくは








tokyometro-1-1.jpg

最近地下鉄で見かけたポスターのここの












tokyometro-2.jpg

学ランの彼のようでもある。










閑話休題。




※注 ここからいつものごとく長く、今回は更に面倒くさい感じになっていますのでご自分の体調と相談しながら読み進んでください




さて、2012年8月25日 2012 a-nation stadium fes. 東京 1日目。






12yn-0421-tone-kyocera-712-1.jpg

トロッコに乗ったユノが客席に次々に投げ入れるボール。















12yn-0421-tone-kyocera-701.jpg

そのボールのひとつが自分めがけて飛んで来たらどうするか?


スローモーションでこちらへと向かって来る青いボールを目で捉えながら人間としての防衛本能か、

はたまた動物としての危険回避本能か。

ボールを避けようと身体が自然に右に傾いていく。

そこへ自分の席の左手2、3席も向こうの人が飛んで来るボールをキャッチしようと身体ごとこちらへ突進。

自分に向かってどんどんと大きくなってくるボール。

危険を察知して右側に傾いていく自分の身体。

そのボールを捕まえようと左側からにょきっと出て来た他人の手。

そして、アリーナに張り巡らされたコードや装置を越える度大きく揺れるトロッコの上で柵を

両手でぐっと握りしめ、重心を低くして曲乗りよろしく『Summer Dream』を歌うユノ。

右に傾むける前に自分の身体があった場所に飛んで来たボールを左からにょきっと出て来た手がつかみそこね、

避けたはずのボールが再び自分の方へ飛んで来て足元へ転がり落ちる。

そのボールに向かって今度は、腰を屈めながら何人もの人が群がってくる。

飛んで来たボールを避けようとする人間としての防衛本能。

ユノが投じたボールに必死の形相で飛びつく自分を見られたくないという乙女本能。

ボールを追いかけてる時間があるなら、その時のユノを1ミリも見逃したくないというユノバカ本能。

かくして、最もボールの近くにいたにもかかわらず、最もボールに対しての行動力と獲得欲を欠き、

ユノバカ欲だけをメラメラと燃えさせ、挙げ句必死な人を見ると引いてしまうひねくれている

厄介な自らの自意識を抱えた結果、優れた行動力と獲得欲を兼ね備えた誰かがそのボールの拾い主に

なったのでした。







お疲れさまです。








12yn-0414-tone-tokyo-1007-1.jpg

♪いつまでもこの場所で…

チャンミンが歌う中、ユノがあの場所から投じたボール。















12yn-0414-tone-tokyo-1013-1.jpg

♪時間(とき)が止まればいい…

時間が止まったようにゆっくりとスローモーションで飛んで来るボール越しに見えた楽しそうな笑顔のユノ。















12yn-0414-tone-tokyo-1014-1.jpg

♪青い空と海が…

青いボールを投げた腕を今度は曲に合わせ大きく左右に振りながら















12yn-0414-tone-tokyo-1008-1.jpg

♪きらめき重なるとき…

きらめく笑顔のユノは手を振り、トロッコに乗ってステージへ戻って行きました。










その時歌っていた『Summer Dream』の歌詞フレーズに見事にリンクするかのようなこの出来事。









12cm-0421-tone-kyocera-1001-1.jpg

端から見たら単に反射神経が悪いだけの残念な人ですが、私は様々な本能の葛藤に苦しんでいたのでした。

本当です。















12yn-0416-tone-tokyo-1005-1.jpg

その日、ラストの曲『Somebody To Love』。











ユノもチャンミンもくるくると回していたタオルを前方へ投げ飛ばし、上手と下手のサブステージにそれぞれ

分かれていたふたりはメインステージへと駆け寄る。

最後のフレーズを歌い終わると、ユノは何かを持ち上げるように上向きにした左手を下から上にあげ

「みんなぁ~~~~~」

と会場に呼びかけ

「はっ、はっ、はっ…はい、はい、はい…」

かけ声をかける。














12yn-0423-tone-kyocera-1011.jpg

「もっともと(もっと)、もっともと(もっと)」

腕をぐるぐる回しながらユノは上手のサブステージへ、

チャンミンはダンサーとハイタッチをしながら下手サブステージまで再び駆けて行く。

「もっともと(もっと)まわしてぇ~~~~」

上半身を大きく後ろへ反らし、もっと声をくれというように両手を上げたユノは

「みんなもっと、もっともっと、みんなもっともっとまわして!」

今度は前屈みになり

「うえのみんなも、アリーナのみんなも…」

メインステージへ



12yn-0415dvd-tone-tokyo-1011-1.png

「トーキョー…エーネーション…」

駆け戻って来て

「みんな、もっともと(もっと)まわしてぇ~~~」

声を絞り出すように再び上半身を大きく反らして右手を高く上げぐるぐる回す。

チャンミンが隣に戻って来ると、両手で「ストップ」の姿勢をとり、それに合わせてバンドの音が止まる。

「ぅおっ」

ドヤ&オラオラ、オレ様ユノ様なキメ顔をつくると首を小刻みに左右に揺らし、

右足を大きく開きながら上げバンドの音に合わせて「よいしょ~」とその足を落とすユノ。

どすこい。

次に左足を高く上げると、そのタイミングを見計らってユノの半歩後方に並んだチャンミンが同じように左足を

上げて下ろす。

どすこい。

今度はふたり揃って右、左、右、左、右左右左…腕を交互に前へ勢いよく突き出し、

そのスピードを速めるのに合わせてユノは髪を振り乱しながら頭を回し、

チャンミンは背中を少し丸め身体が動くままに任せて腕を前後左右させる。



12yn-0415dvd-tone-tokyo-1010-1.png

「もっとまわしてぇーーーーーーーーーーーっ!」

右腕を高々と突き上げユノがシャウト。

手を回しながらピョンピョンと飛び跳ねるチャンミン。

両手を広げクルクルと飛行機のように旋回した後、チャンミンと同じく右手を回し始めたユノに

「どうぞ、そっちでタイミング決めて」

という感じでチャンミンが手を差し出しきっかけを促す。

するとユノは、両手で自分の身体を持ち上げるように跳躍力をつけて大きく飛び上がり、

チャンミンは少し遅れて膝を折り曲げ真上にジャンプ。



12yn-0415dvd-tone-tokyo-1014-2.png

着地した勢いなのか残っている力があと僅かなのか、チャンミンは後ろに2、3歩よろけて着地すると

膝に手をつき肩で息をしている。

一方、高く大きく飛び上がったユノは、着地してもなお余っている跳躍力で軽くその場でもう一度ジャンプ。

それでもまだ余力があるのか自分の周りをぐるりと一周してようやく止まり、膝に両手をつきしばし休憩。

身体を起こしたチャンミンはよろよろとふらつき、また膝に手をつき下を向く。

ようやくユノも身体を起こし、腰に両手をあてゆらゆら揺らしながら、バンドのメンバー、ダンサーが

ステージに整列するまで待っている。

自分の隣にきたバンドメンバーとハイタッチしたチャンミンが

「どうぞ」

というようにユノの二の腕あたりをタッチ。

ユノとチャンミンは顔を見合わせ、ふたりの間でユノの右手、チャンミンの左手が譲り合いをするように

何度か動いた後、ユノが

「まかせた」

と言わんばかりにチャンミンの肘をバシっと叩くと

「じゃっ…」

と話始めるチャンミン。



12cm-0415dvd-tone-tokyo-1000-1.png

「これでですね…今日の…2012…a-nationは全て…終了です…」

息を切らしながら話すチャンミンの言葉に客席から惜しむ声があがる。

その声に

「はぁ…はぁ…はぁ…」

チャンミンの苦しそうな息が重なる。

「明日の日曜日にですね、他のいろんなアーティストさんがたくさん出て来て…はぁ、はぁ…

会社のみなさんも喜んでいると思う…ヒィーヒィー…本当にいいかなぁと…ヒィー…」

冗談めかして言うチャンミンの笑い声は、息も絶え絶えヒィーヒィーとふいごのような音を出す。

「で…」

まだもう少し話を続けようとしていたチャンミンを腰に手をあて身体をゆらゆらさせながら真剣な面持ちで

見守っていたユノは、

「そして、きょう、東方神起だけじゃなくてすばらしいアーティストさんといっしょに、みなさんと、いとつ…」

かぶせるように話始め、「ひとつ」を「いとつ」といい間違えると、人差し指を一本出し

「ひとつになって…ほんとうにたのしかったです!」

マイクを持つ手を変え左腕を上げる。

その横でふらつきながら

「苦しい、吐きそう」

な感じのチャンミン。




12yn-0415dvd-tone-tokyo-1009-1.png

「2012年、a-nationのしゅじんこうは、ここにいるみなさんでーーーーすっ!」

上げた左腕をその言葉にひとつひとつ力を込めるように動かしながら、ユノは大きな声を出す。

「きょう、ほんとーにたのしかったし、これからも東方神起もぉっともと(もっと)がんばりますので、

さいごまでおうえんよろしくおねがいしますっ!」

今日のライブはこれで最後なのに、東方神起には最後はないのに…ユノのいう最後はどこの最後なんだろうか。

「そして、ちなみに、きょう、がんばってくれた、バンドのみなさんと、ダンサーのみなさんに、もういちど、

大きなはくしゅを、おねがいしまーす!」

お腹の底から声を出し、珍しく滑舌よく発音されるユノの日本語。

いつもなら聞き取れないかもしれない「ちなみに」が妙に際立って聞える。

ユノとチャンミン、ちなみにダンサー、バンドメンバー全員がステージに並ぶ。










「じゃっ」

ユノが合図を出し

「それでは…」

きっかけをつくると

「とーほーしんきでしたっ!」





声を合わせたユノとチャンミンはお互いの手を取り合いまっすぐ前を見てから





12yn-0415dvd-tone-tokyo-1024-2.png

ダンサー、バンドメンバーと共に両手を掲げ深々とお辞儀をする。

そんな彼らにその日のステージ、a-nation Stadium fes.東京1日目を会場をひとつにして盛り上げ、

トリにふさわしいステージングで締めくくったことを賞賛する惜しみない拍手が送られる。

同時に東方神起のステージが終わること、ユノとチャンミンがステージから去ってしまうことへの

別れを惜しむ声もあがる。

別格のステージングにいくら賞賛してもしたりない惜しみない拍手と

いくら声をあげてもそのステージが終わる現実が変わらないことへの惜別の声。

ステージの上で深々とお辞儀をしたまま、なかなか顔を上げない彼らにその感情が入り交じった

拍手と声がかけられる中、花火が大きな音をたてて打ち上がる。



12yn-0423-tone-kyocera-1002.jpg

ようやく顔を上げ、つないでいた手を空中で離したユノとチャンミン。

「ありがとうございました!」

チャンミンが会場に向かって手を振り、

「ほんとうにありがとうございました」

ユノはカメラに向かって手を振る。

先にステージ下手の袖へ向かって行ったチャンミンに続いて、身体をそちらへ向けたユノは








いつものように大股ではなく、少し小さな歩みに合わせて何度か手を振りながら








12yn-0423-tone-kyocera-1010-1.jpg

「じゃぁね」








元気よくひと言そう残し、振り返ることもなく、それが当たり前のようにステージから去って行きました。

それと入れ替わるように次々と打上る花火は、赤や緑、色とりどりの光で夜空を明るくし

ユノもチャンミンも…

もう誰もいなくなったステージは、程なくすると照明が落とされ真っ暗になりました。













120825a-nation-1.jpg

その日、ジリジリと刺すような日差しは乱暴者で、容赦なく照りつける太陽は夏そのもの。

それでも日陰にいると時折拭く風は爽やかで、肌を撫でていく心地いい感触が優しい秋の気配を感じさせました。

スタートしてから東方神起が登場するまで約4時間30分。

元気過ぎる夏に手を焼きながら爽やかで優しい秋に癒され、ひとり高みの見物を決め込み、

時々テーブルに肘をついて空を見上げると、ふわふわと気持ち良さそうに流れて行く白い雲の合間を

調布飛行場をたった軽飛行機がおもちゃの飛行機みたいに飛んでいき、

“最後の1枚”までの時間は夏と終わりと秋の始まりの間でのんびりと穏やかに過ぎて行きました。

次々と出てくるアーティストを見ながら様々な思いや考えが頭をよぎる。

それはステージに立ったアーティストに対してだったり、そうじゃなかったり。

でも、そこには必ずと言っていいほどユノのことが入っていて、それでもその思いや考えはとりとめのないもので、

見上げた空の白い雲のように浮かんでは消え、とりとめのないままどこかへ流れていきました。

いつの間にか粗暴な夏の太陽は姿を消し、代わりにステージを目映い光で彩る照明と客席を青い光で染めるのを

手助けに夜の暗闇がやって来ていました。


12yn-08125anation-tokyo-104.jpg

観客のボルテージを示すように客席が青一色で揺れ動いた後、














12yn-08125anation-tokyo-100.jpg

赤い光が堰を切ったように会場に溢れ出し、青い光を飲み込むように大きくうねり始め、

この日のライブを締めくくるアーティストが登場するのにふさわしい期待に満ちた熱気が

会場を覆いつくしたその時、

特効の飛び散る火花と共にメインステージの真ん中にユノは降り立ちました。

ユノは最初からアクセル全開で、

花道の先端から現れたチャンミンは心置きなく自分のペースでスピードを上げて行く。

戸惑いのないふたりのステージングに、その約一週間前の大阪でのステージがいかに“いつも通り”では

なかったのかを改めて思い知る。

あの日のことを払拭するように迷うことなく加速していくその様と、

トリを務めるアーティストとして客席の期待に応え、持っている魅力を自在にパフォーマンスに

織り込んでいくその姿は、凛々しさと頼もしさを感じさせました。








2012年、a-nationの主人公は観客とユノは言いました。







しかし、ずいぶんと前。

まだ太陽が照りつける真夏の空の下、客席の人はまばらでステージの彼らを注視する人はもっと少なかった

何年も前のあの日から、ずっと前を向いて着実に歩みを進めて来た東方神起。


11yn-0828a-nation-3_20120911044148.jpg

1年のブランクの後、再び立ったステージから













12yn-08125anation-tokyo-1.jpg

更に大きく前進した東方神起が、この日のa-nationの本当の主人公でした。








その主人公のひとり、ユノが最後に言った「じゃあね」。







4月、東京ドーム3days初日。

最後の最後、ユノは右手をサッと上げ



12yn-0414-tone-tokyo-1005-1.jpg

「みんな、またね~♪」

と言ってステージから去って行きました。

軽快で快活だったその口調と簡潔だったこの日の「じゃあね」。

なにかが違うような、違わないような。

その言葉自体に意味があるような、ないような。

そんなことをふと考えたものの、帰り際に客席から聞えてきた「さみしい」、「終わっちゃった」というような

感傷的な気持ちにはならず、“最後の1枚”を使い切り案外自分は気丈だと思ったa-nation。

感傷的な気持ちを寄せ付けなかったのは、昼からのんびりと穏やかに過ぎて行った時間、

雲と一緒に流れて行った様々な思い、高みの見物を決め込んだこと等々に加え、

なによりユノとチャンミンが全力でみせてくれた東方神起のステージへの満足感と最後の1枚を使い切った

充足感があったからかもしれません。

そんな気持ちで深夜眠りにつき、目覚めると前日とはなにかが違うと感じ迎えた翌日。

この違い、というかこの感じ。

悲しいようなつらいような、

それでいてさっぱりとしたような清々したような、

妙に前向きであるにも関わらず、なにか胸に大きなものがつかえてるような…

まるでカレと別れた次の日みたいな気持ちみたいになっている自分に気がつき、

仕事へ行く途中、タクシーの中から昨日より心持ち高くなった分ほんの少し秋に近づいた空をふと見上げた時、

ひとすじの涙が頬を伝い…








うへぇ~、なんじゃそりゃ。







つき合ってもいない男になに思ってるんだか(本当は泣いていないけど)。










yn-drama481-7.jpg

しっかりしろ自分、パシッパシッ(頬を叩く音)。













yn-drama479-5.jpg

しかし、自分史上最高クラスに好きなってしまった男にそう感じてしまったのは大変気持ち悪いですが事実。







うへぇ~、なんじゃそりゃ(2回目)。







そこで急遽、読みかけの本と読みたかった本数冊、最低限の身の回りのものだけを小さなキャリーケースに詰めて






120910.png

旅に出てみました。













yn-3522-15.jpg

ユノお父さんを置いて。













yn-drama437-1-1.jpg

傷心旅行というには傷ついているとは到底言えず、






自分探しの旅というにはなにも考えておらず、






yn-drama435-1.jpg

ディスカバリーな旅というには積極性は一切なく、







帰る日も決めず飛び出したのでそれはある意味ジャーニー。







yn-drama436-1.jpg

しかし、感傷的な気持ちがないのでセンチメンタル ジャーニーでもない。















11cm-07instyle-5-2.jpg

これはなんの旅なのか。















cm-1282-3.jpg

なぜ旅に出たのか。















cm-224-1.jpg

なにをしに来たのか。










持って出たPCは一度もネットに繋がず、仕事と友人必要最小限のメールのみやりとりをして、後はひたすら読書。









yn-6654-a-1.jpg

新情報を入れなくてもユノに対する枯渇感はなく

















11yn-1204-2-1.jpg

なにかが始まらなくても東方神起に物足りさはなく
















12yn-0417-tone-501-1.jpg

映像や画像を観なくてもユノを忘れることはなく
















yn-6915-1.jpg

なにもないところでユノとは無縁の日々を過ごしてもさみしいと感じることはない。











なにを追いかけているのか、なにに追われているのか。

焦燥感を抱いて常に走り続けていたような日常から離れ、精神的にフラットな状況の中で自然とわかったことがひとつ。






それは




yn-3621-1_20120911050556.jpg

自分の中に
















yn-4933.jpg

たくさん
















yn-7105-1.jpg

たくさん
















yn-3588-1.jpg

溢れ出しそうなくらいたくさん
















12yn-0415dvd-tone-tokyo-407-2.png

ユノがいるということ。











cm-79-1.jpg

まぁまぁ…。









そうこうしているうちに持参した本もあらかた読み終わり、そろそろ仕事もしないといけないし、








yn-713-2.jpg

少し心配になってきたし、














11cm-07instyle-8-3.jpg

思い出してはちまちま書いていたこのテキストが溜まりに溜まって沈先生にも怒られたし、













yn-3522-16.jpg

ユノお父さん

















yn-drama43-3.jpg

そろそろ戻ります。


























yn-drama268-2.jpg

いつも自分勝手でごめんなさい。

























cm-162-4.jpg








なんじゃこりゃ!?な方(申し訳ありません)、どんくさっと思う方(テヘペロ)、レポが中途半端だと思う方(確かに)、さみしくないなんて強がりだと思う方(そんなことないですよ)、沈先生の言う通りだと思う方、CHASIMO3号-プチ-が気になる方(小さくてもツッコミ力Max)、ユンホ総理大臣は?な方(近々!?)、チャンミン系キャラ勢揃いがうれしかった方(いませんか?)、ユノ系キャラも見たかった方(考えてみます)、ユノが溢れている方、チャンミンが溢れている方、お久しぶりにポチッとしましょうか…溢れてるどころかだだ漏れしとります、何日間も手つかずでも“好き”はちっとも変わらんのです、さみしくないのです、つまんなくないのです、だってこれってなにもなくなった訳じゃないですもんね、次までの小休止みたいなものですから、先が見えないでただ待つしかなかった頃に比べたら(比べちゃいけないのかもしれないけど)これで「さみしい」とか「つらい」とか言ったら、それは自分のわがままだって思えてきて(それでもいいんですけどね)、ちょっと贅沢になってきてるんじゃないのかなぁとか思ったりなんかして(贅沢にしてくれた東方神起に感謝はしております)、ツアーのあった今年ばかりでなく糸を辿って行けば何年も前から自らそうしていたとはずっと言え走りっぱなしだったなぁと、“最後の1枚”を使い切るいいチャンスに恵まれたのでちょっとばかり小休止してみた管理人・じぇいるんが、教師だった父には幼い頃から「休日とは普段出来ないことをするのであって休みだからといってダラダラしてはいけない」と言われて育ったので、このチャンスにPCに取り込んだユノたちの写真を整理するとか、溜った雑誌新聞類、いつどこでなにに使うのかついその時のテンションで買ってしまったグッズ類の片付け、東方神起関係じゃなくても仕事のあれこれの整理とかすればよかったのですが、大人になるにつれ私の最高の休日の過ごし方が「なにもしないこと」に変遷していき(休日になにもしないでいられるなら普段どんなに忙しくても大丈夫)、お父様ごめんなさい、じぇいるんはお父様の言いつけを守ることができませんでした、しかもユノお父さんだけならまだしもこのブログも放ったらかしで楽しみにしていただいたみなさまには申し訳なく思っております、先週には2つ3つ記事を書こうと算段してたのですが、怠け癖がついた身体を徐々に慣していこうと思っていたらいきなり起きがけにフルマラソン走らされる勢いで仕事が待ってまして、今頃の更新になってしまいました、元々ブログ海の藻屑だったこのブログを自ら更に屑的状況に追いやってしまい(反省)既にもうこの場所をお忘れの方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら今までとなんら変わらず(成長なし)ユノバカですのでよろしくお願いします、本日もここまでお付き合いいただいたみなさま、コメント、拍手、ポチッとしてくださるみなさまに心より感謝いたします。うひゃ〜、もう朝…ブログ書いてると睡眠時間激減。てか、今日はこのまま寝ないで行ってきま〜す。

※画像の出処は、写真の中にあります


スポンサーサイト
  1. 2012/09/11(火) 05:52:26|
  2. 超個人的レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29
<<秋の味覚とすごい(!?)発見 | ホーム | 最後の1枚>>

コメント

ありがとう

じぇいるんさん     おかえりなさい
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 07:52:44 |
  3. ぎゅいまん #-
  4. [ 編集 ]

理想のありかた。

 
 えっ、じぇいるんさん、…一睡もしないでお出かけですか!?

 睡眠不足は乙女に大敵ですが、「ユノで溢れそうな感じいっぱい」の朝は…
 寝ていなくても大丈夫なんですよね。

 成長しないユノバカ…あたしもそうありたいです。

 
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 08:05:08 |
  3. マイリラ #-
  4. [ 編集 ]

おかえりなさいませ~

ユノチャンミンとのしばしの別れにちょっぴりおせんちになってた上に、
じぇんいる先輩とも!?とダブルおせんちになり戸惑いの日々が続いておりました(大袈裟?)

東方神起の新情報より、じぇんいる先輩の新情報のほうが気になっていたのはここだけの話です( ´艸`)

味スタ、私も参戦しましたが、言葉にできないほど圧倒され、東方神起すげぇ!なんだコレ!と、初見のような感想しかでてきません。見れたこと、会えたことに大満足・感無量の1日でした。

とにもかくにも、じぇんいる先輩、カムバックありがとうございますっ(*´∀`)
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 08:33:08 |
  3. きゃ。 #-
  4. [ 編集 ]

失礼いたしました。

じぇいるん先輩、お名前間違えてしまいました。
自分の詰めの甘さに平手打ちです。。

本当に申し訳ありません。大変失礼いたしました。
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 08:50:03 |
  3. きゃ。 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 10:14:51 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

忘れるわけがない

じぇいるんさん、お待ちしておりました。
フルマラソン並みのお仕事お疲れ様です。

ユノからの愛のボールよけちゃったんですね(泣)
でも、じぇいるんさんにはもう
ユノが溢れ出るほど詰まってるんですよね。

いいなぁ。
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 10:24:18 |
  3. ほたる #-
  4. [ 編集 ]

じぇいるんさん、、、、。色々と、、、反省しております。
ナンダカンダでチャンミン大好きだぁぁぁ~。って事で落ち着いております。
ゆっくりと溢れるモノを楽しみます。
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 10:39:33 |
  3. ichi #-
  4. [ 編集 ]

おかえりなさい

じぇいるんさんこんにちは・・・
しばらくのお休みだったので燃え尽きてしまわれたのかな~と
心配してたんですが、旅に出ていたんですね!
リフレッシュできたようで安心いたしました(いつもご多忙なので・・・)

私もやっとせつない気持ちから進化した二人に会える楽しみのほうが大きく
なってきました。
そしてじぇいるんさんが戻ってきてくれてさらに元気up!
これからも神起愛溢れる海で泳がせてくださ~い!
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 13:13:37 |
  3. kayoco #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 15:01:32 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おかえり

初めまして。

分かりましたよ。
推しますよ
推しゃーいんでしょ、推しゃ。

おかえりなさい、待ってました。
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 15:16:37 |
  3. emi #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 15:50:17 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

よし‼

な〜んちゃって。
でも
それで良かったと思います。
ユノの前で、スゴい形相になっているじぇいるんさんは…
想像できな〜い♪(´ε` )

最近、ずっと「はぁ。じぇいるんさんが好きだわ〜」と思っていました。
って!愛の告白か(・_・;
それにキモいですね(大汗)

ユノにはシアワセを沢山もらったので
心の中にユノが住みついている気がします♪
6集も、もうすぐですね。
また忙しくなりますね\(^o^)/
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 15:54:44 |
  3. バンビ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 16:41:05 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 18:19:51 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

待ってました~

地下鉄の広告~(笑)

私もな~んか気になるなぁと思っていたら、
COSMOPOLITANゆのちゃみだったんですねーっ。。。

飛んでくるボールは体の正面でキャッチしなくちゃ!
私なんて、ステージ真横の席だったので、動き出したばかりのトロッコにユノが
「うおっとっとっと…」
となって、ボール投げてくれるどころではなかったですよ~↓

チャンミはお尻向けちゃうし・・・

でも、私もユノが近づいてくると何故か後ずさりしちゃいます。
身体が硬直して、息も止まって、身をひそめてしまいます。
ホントは思いっきりアピールアピールしたいのに・・・

自分でも、理解不能な行動です。(笑)


  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 19:20:07 |
  3. りんむう #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 21:07:55 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ルドルフ、再び!

ですよ~!

じぇいるんさん!!

もおー、どうします?!

しかも、襟足は、まことちゃんですよー(ToT)。。。

早く、愛あるツッコミ、お願いします。

本日のバラエティ収録では、写真でも、空回りの匂いがプンプンでしたよーー。

あ、

・・・・・・・、まさか、

じぇいるんさん・・・・、会場で見ているんじゃ・・・・。

見ながら、

「ほれっ!、鉄棒対決、そこでもっと相手の顔をぐいーーーっと!」なんて、

熱くジェスチャー付きで、激を飛ばしてるんじゃないですよね?

ハチマキとか、してませんよね?

勝手に妄想しときます。

がんばれー、じぇいるんさ~ん!
 
なにを?って、   あれこれです(#^.^#)
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 21:45:23 |
  3. リバー #v8QjPvAY
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/11(火) 21:56:32 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おかえりなさい♡

ぎゅーーっ!!!

じぇいるんさんのお帰り、楽しみにまっていました♪
ユノって、本当に幸せな人だなぁと思います。
こんなに皆に愛されて。

まさかの沈先生!沈園寺チャミ子、CHASHIMO!3号プチ?
あぁ、沈先生!
注意しているようで、私をもっと蔑んでください。

チャミキャラ祭りと、じぇいるんさんの凱旋で嬉しいかぎりです。
ボール争奪には負けたけど、乙女的には勝ちですね♡

どんな本を読まれたのか、機会があれば教えてください。
更新楽しみにしています♪

あ〜面白かった☆
  1. URL |
  2. 2012/09/11(火) 22:00:51 |
  3. grico #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/12(水) 09:13:38 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

じぇいるんさん、こんばんわ!

じぇいるんさんの気持ちにじぶんを重ね合わせてみたりして
せつなーい気持ちになりました。

でも、ゆのを語らせたら世界一のじぇいるんさんに
いつもユノのいいとこ、気づかせてもらえます。
ほんといつも何倍にも楽しませてくれてありがとう(*^_^*)
  1. URL |
  2. 2012/09/12(水) 20:17:54 |
  3. mami #t0QjnfvM
  4. [ 編集 ]

久しぶりに訪問させて頂きました。
お元気そうで、良かったです。

今年、初めてエイネに参戦しました。
トロッコ上のユノ君のお尻をアリーナからガン見しましたよ。
だって、こっち向いてくれないんですもの~

まだまだ、暑い日が続くようなので、お身体ご自愛下さいませ。

次回も楽しみにしています。
では。
  1. URL |
  2. 2012/09/12(水) 21:06:39 |
  3. ミラコ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
じぇいるんさんあっ、正確には、過去に1度こっそり、書かせて頂いたのでした~(笑)
私ごときが、コメントさせて頂いていいのか、迷いましたが…

ずーと、待ってました!!毎日、毎日、朝、夕、夜中…ちょっと、危ない?私?

ヤッター!!って(笑)読み始めて、職場の休憩時間にランチも忘れて、没頭しました
頷いたり、キャハキャハ(笑)スタッフの視線を感じながらも、涙…の文字を見た瞬間…
ワァ~ンと、泣き出したから、どうしたんだ!?と、周りの心配をよそに、また笑い出した私に、また、東方神起だよ!と飽きられつつも、一切気にならない、チョー満足顔の私でした!

午後からの仕事も、チョー、楽しくやれました!!

私は、まだまだまだ未熟です!
じぇいるんさんの足元にも及びません…寂しいなんて、5人の時からのファンの方々は、もっともっと、不安な思いで、待ってた時期があって、待つことには慣れてる、とかってよく目にするんです

それを思えば、私なんて…

すみません!!長々と、とにかく、じぇいるんさんのファンです!
ユノよりの、ホミン、2Uです!

また、勝手にお邪魔させて下さいね泣いたり、笑ったり元気出てくる!!
ありがとうございました!
  1. URL |
  2. 2012/09/13(木) 07:37:04 |
  3. 東子 #-
  4. [ 編集 ]

シアワセな胸の痛み♡

じぇいるんさん♪おかえりなさい^^
ユノに彩られた夏の想い出・・・・
彼はいつも全力で駆け抜けるから、
感傷に浸る間もなく・・
気が付いたらトボトボと帰り道・・みたいな
胸にいっぱいの幸せな充実感♡それは確かで
でも 日を追うごとに 会いたくて・・・
会えば会うほど逢いたくなる・・・
それがユノ♡
困ったもんです^^
韓国で頑張ってる彼もまた
輝いていて 無上の喜びを感じます♡

じぇいるんさん♪ありがとう♪
空も綺麗だったね^^
月も綺麗だったよ・・・
  1. URL |
  2. 2012/09/13(木) 10:45:53 |
  3. 旭星 #L1Xjfcho
  4. [ 編集 ]

はじめまして。

ユノ大好きのひとみんと申します。

いつも、画像が素敵で、ユノに見惚れてしまいます。

が!ユノの空港ファッションに問題がある(笑)ということにも、鋭くて、笑えます。

今回のユノの画像の中に「うん?ジェームス・ディーン?」みたいに思うところがあって、溺愛ゆえの盲目かもしれないけど、ユノの美貌って、国境と世代を超えられる力があるな~って思いました。

これからも、素敵な画像、楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2012/09/15(土) 16:04:53 |
  3. ひとみん。 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/15(土) 17:58:26 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

貴重なスペースお借りします。

http://tvxqimaga.com/tvxq_6th/cbbs.cgi
100%間違いなく『ハンター・カオン両チャート』、『MUSIC BANKのランキング』に反映されるために。

今ビギが出来る最大の6集応援は、『シンナラレコード』か『HOTTRACKS』のどちらかでCDを購入することである

『私たちが購入したCDが《100%韓国チャートと音楽番組ランキングに反映される》ことを目標に』


宜しければアイコンをブログに貼って、広めて頂ければと思います。
<a href="http://tvxqimaga.com/tvxq_6th/cbbs.cgi" target="_blank"><img src=http://tvxqimaga.com/Images/6th_logo.gif border=0></a>
  1. URL |
  2. 2012/09/15(土) 22:41:48 |
  3. 6集応援 #-
  4. [ 編集 ]

最高です!

夏休み楽しめましたか?
今回もスゴくユノがイカしてました!
じぇいるんさんのボキャブラリーの豊富さに感動でした(*^^*)

コスモポリタンの盛り神起、普段とは違う気品漂う「盛り」でした(*^^*)

エイネ東京でもレッドオーシャン凄かったんですね!美しい…
ユノの最後の最後!どの最後やねん!と、関西人の私は心の中で突っ込みしてました。そんな一生懸命なユノが好きです!

私は「またね♪」って言われたいんです。その方が次また会えるのね♪って希望が持てる(>_<)

夏休み中の待ちぼうけユノが可愛い~(*^^*)
  1. URL |
  2. 2012/09/16(日) 18:00:17 |
  3. モモカン #N1u.ddIU
  4. [ 編集 ]

いつも楽しく読ませていただいてますが、今日の記事、大好きです!

じぇいるんさんがユノの事をこんなにも愛してくれて、本当にうれしいです。


何か2人って、苦労人の道を突き進んでいるような気がして心配な時もあるのですが、2人への思いや信頼は揺らがない自分がいて、そんな自分好きです。

a-naitionのあの日、主役は間違いなく東方神起でしたね^^

  1. URL |
  2. 2012/09/17(月) 00:01:52 |
  3. まな #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyjcy2009.blog62.fc2.com/tb.php/311-c1c282e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じぇいるん

Author:じぇいるん
居たたまれない気持ちにさせるなら天下一品の
ユノにヘンな汗をかかされつつも
カワイくてカッコいいユノにドキドキして
キュンとしているユノバカ。
愛すべき男ユノを肴にMAX(ビール)飲むのが
お気に入り。
いただきます!ごちそうさまでした!
大好物はしっかりいただきます。
座右の銘は『棚からぼたもち』。

メールアドレス

Designed by Shibata

最新記事

ページジャンプ

全ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

カテゴリ

大好物/東方神起 (47)
大好物/ユノ (154)
大好物/チャンミン (15)
超個人的レポ (80)
東方神起内閣シリーズ (17)
大好物/ユチョン (5)
大好物/ジェジュン (2)
大好物/ジュンス (3)
大好物/カップルたち (1)
乙女ブログ『Love U-know&U-chun』 (9)
特別待遇/2U (13)
サイドメニュー (4)
食べ物以前 (3)
未分類 (0)

FC2ブログランキング

拍手もいいけど、ポチっともね! いいことあるらしい…

FC2Blog Ranking

みなさまに感謝、ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。