大好物は東方神起

カッコいいだけじゃない そんな東方神起にちょっとだけツッコミます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『FANCLUB EVENT 2012 「THE MISSION」』超個人的レポ~ヘンな汗かく世紀のスペクタクルショーへようこそ!その1~

12yn-0711android-1-3.png

「Ladys&Gentleman! 稀代の天才ユノによる世紀のスペクタクルショーへ ようこそ! 

今宵どんなショーが繰りひろげられるのか。その一部始終を目撃するのはあなただ!」





2012年6月30日 14:00開演 @さいたまスーパーアリーナ

Bigeast FANCLUB EVENT 2012『THE MISSION』











ギターに繋がれたコードをくるくると回し










12cm-0630fanclubevent1-1a-1.jpg

チャンミンが組んだ足の上にギターを抱えた瞬間、チャンミンとギター…

想像以上にしっくりするその姿に会場から感嘆のため息がもれる。

いつもの輝きキラキラ5割増。

「きっと少しずつ間違うかもしれないですけど、許してください」

チャンミンがいつになく緊張する中、歌い始めた Extreme の『More Than Words』。

コードを押さえる運指を確かめるように慎重に動かしながら、時にリズムを乱し、時に歌い直しをし、

「歌詞わすれた~♪」と歌詞が飛んでしまったのをメロディーにのせ、それに沸く会場に「シッ」と言うと、

一旦演奏を止め、小さく深呼吸をし演奏を続行。

落ち着きを取り戻したところで照れ笑い。

「はぁーー」

大きく息を吐き、残りの演奏を間違わないように一音一音確かめながら弾き語りを終えたチャンミン。

チャンミンは、大きくうなだれ涙を拭く素振りをみせる。

決してパーフェクトな演奏ではなかったものの、チャンミンとギター、いつもの5割増になっていた輝きに、















12cm-03missha-making-5-2.png

透き通った美しいファルセットの歌声が加わり、更にキラキラを増したチャンミンに会場からねぎらいと感動の

大きな拍手が沸き起こる。










そんな中、ステージ下手からユノ登場。









12yn-0630fanclubevent1-1a-1.jpg

ユノは

「ほんとに、おもったよりうまくてびっくりしたんですけど…」

確実に演奏間違えた人に「うまい」なんて言っちゃダメ、そんなこと言ったらかえって傷つくからと思わずに

いられない感想を言い始め

















11-tvxq0720idn-making-4-2.png

「とちゅうでかしわすれて、うたえなかったりしたんですけど」

歌詞を忘れたことを改めて思い出させ、プライドの高いチャンミンの傷に優しく塩を塗りながら

「でも、ほんとかわいかったんですね」

とユノはユノなりにチャンミンを気遣っているのでしょう、そうユノが褒めると目をぎゅっとつむって苦笑い

しながらユノの気遣いを受け止めたチャンミン。

しかし、

「さいしょからほんとうまくてびっくりしました」

だから、演奏間違えた人にそう言っちゃダメだって的なことをユノが繰り返し言うと

















11-tvxq0720idn-making-55-1

「ふぅーーーーーん」

同調なのか抗議なのか、さっき美しいファルセットを繰出していた同じ人とは思えないほど低い声を出す

チャンミン。

















11-tvxq0720idn-making-2-2.png

「かしはちょっともったいなですけど、でもかっこよかったんですよね!」

再び歌詞のことを持ち出しながら、しかし、人差し指をチャンミンに向けチャンミンをフォローするユノ。

「まだファンの前でギター演奏するって早いって…まぁ、しょうがないですね。もう終わりました」

小さくうなだれ

「がんばりましたっ」

自分にいい聞かせるように言ったチャンミンは、いつもより少し背中を丸めて、ちょっと納得いかないのか首を

軽くかしげステージを去って行く。

ユノはそれを左右の手をすり合わせながら見送る。








居心地のいい、あたたかい世界はもう終わり。

いよいよ始まる世紀のスペクタクルショー…。








頭にはヘッドマイクをセット、次なるミッションへの期待が高まる中、キューの音がなるとそれに合わせ両手を

広げたユノの後ろのスクリーンに映し出される『HOっと キッチン』なる文字。

「なにをするかかんがえてみたんですけど、たしかにみなさんはユノはまたカッコいいダンスなんじゃないか

なぁって…」

















12yn-0630fanclubevent1-14-2.jpg

自ら“ユノ=カッコいいダンス”とカメラ目線。

「みなさんに、りょうりをしているすがたをどうしてもみせたくて」

毎朝イケメンが落下途中で酸化してしまいそうなくらい高い位置からオリーブオイルふりかけたり、人気俳優が

シェフ役で料理の手さばきを披露する等々、いい男と料理は好相性。









しかし、今や安定した人気の料理男子の流れとは一線も二線も画す、と思われるユノと料理の組み合わせ。









yn-allabout2-cooking-17.png

ユノと料理…




















yn-allabout2-cooking-18.png

一抹、いや完全なる不安が心をよぎる中、




















yn-allabout2-cooking-19.png

「YUNHOなんで“HO”。それで『HOっと キッチン』」

と語るユノの後ろにはキッチンがセッティングされ、

「みなさんがいえでじぶんでかんたんにつくってたべれるものをしょうかいしてあげたいんですけど」

料理を紹介してあげると口調だけは料理ができる風。

「きょう、ぼくはビビン冷麺をつくります」

と言うも、スクリーンに出された本日のメニューには『野菜ビビンそうめん』。

微妙なメニューの違いを訂正もせず、

「なつなんでヘルシーなたべものがいちばんひつようじゃないですか。それをここでつくってみせたいんです

けど」

とやはり堂々としたその口調だけは料理できる風。

しかし、

「でも、いちどもぼくちゃんとつくったことないんですよ。うはっはっはっはは!ちょっとね…うはっ…ほんとに」

と一度も作ったことがないことを笑ってごまかしながら動揺を隠しきれないのか、

「でも、こどものとき、ほんとうまくて。こどもとき、こどものときのとき…うっはっは」

と言い間違え、司会進行のミンシル女史に

「”子供の時”で大丈夫ですよ」

と言われ、















12yn-0630fanclubevent1-42-2.jpg

「こどものとき、まわりのおやが、おとうさんとかおかあさんとかが“シェフ、シェフ”いってました」

ユノお得意の“子供の時の話”(特に5歳の時は得意中の得意)に持っていくと、口も滑らかに。

「東方神起になってからやってませんでしたけど、ここでやらないとね」

そう言うと、着ていたジャケットを脱ぎ、VネックのTシャツ1枚になり、丈長のソムリエエプロンを取り出すと









「ユノシェフだから」










12yn-0630fanclubevent1-36-1.png

エプロン紐の左右を持ち

「おぅぃ~~っ」

と謎の掛け声と共に
















12yn-0630fanclubevent1-36-2.png

マタドールがムレータを翻すようにエプロンを大きく左から右に旋回させて腰に装着すると、

















12yn-0630fanclubevent1-36-3.png

おヘソの辺りでザッザッと音がしそうな勢いでエプロン紐を結び、ユノシェフ(自称)に変身。

Tシャツの下に隠された(いや隠しきれない)大きく膨らんだ、そこにそっと頬をあててみたい扇情的な胸は

さておき、この日はアッパー部分にゴムがかかっているデザインのレースアップブーツを履いていて、

それが地下足袋もしくは作業用長靴のように見えたため、スマートなエプロン姿の料理男子…

というより、ガテン系料理人、「へい、固麺大盛り一丁お待ち!」なラーメン屋のお兄さん、

または「そこ、どいたどいた!」な魚河岸のお兄さんに見えるユノ。









キッチンの上にきちんと計量された調味料や野菜が整然と並び、後は茹でて切って混ぜるだけ。

だけなのですが…







ユノはキッチンの中に入り、ヘッドマイクを軽く調整。






12yn-0701fanclubevent1-13-1
※[moblic]のクレジットが入った画像は、7月1日のものでこのレポ当日のものではありません。
レポと画像が一致しないところがありますが、画像はあくまで参考、イメージ程度でご覧になってください。


「まず、ざいりょうをしょうかいすると…やさいで…じゃぁ、これにんじん。にんじんときゅうり。

これたまねぎ。キャベツと、これだいずぅもやし(大豆もやし)、たまご。これは、しってますかね、サンチュ」

とひとつずつ材料を指差し、

「みなさん、これしってます?」

緑の葉っぱを顔の近くに上げると、客席から「エゴマ」の声が。

「おっ!しってる、しってる」

と大きな声で喜び、

「はい、サンチュといっしょにやきにくいったらたべるやつですね」

と丁寧に説明。

ユノシェフは韓国の食文化も伝えようと丁寧に教えてくれるも、エゴマは大方の人が知っているので特に驚く

様子もない客席。





小さなガラスのスタッキングボウルに入った調味料を、説明するというよりは、覚えたものを自分で確認する

ように右手と左手で交互に軽く持ち上げ、

「ごまあぶらと、さと(砂糖)と、おすと…これなんていいましたっけ?とま…」

「唐辛子」

ミンシル女史に教えてもらっても照れることも恥じることもなく、次に右手で持ち上げたボウルを

「これ、コチュジャン。これいちばんひつようです」

とドヤ顔。

「おす(二回目)、これこしょ(コショウ)、ねぎ、にんにくです」

明らかに料理なんて上手にできないだろうなぁという前提の元、滞りなく順調に材料を説明し、得意満面の

ユノにおかしさが込上げてくる。

そして、

「まずこれを」

ときゅうりをまな板の上に乗せ、ユノが右手に包丁を持つと、初めて包丁を持った子供(5歳)を見守る時に

感じるハラハラ感が会場全体を覆う。

すると、ユノはいきなり目の高さに包丁を上げ、

「いいっすね」

刃先と峰をつかみ、切れ味を確かめるような仕草で客席のハラハラ感を更に煽り

「ほんとにひさしぶりだから…」

ときゅうりを切り始め、左手を一応“ねこの手”の要領で丸めているものの、親指が丸め方が甘く

きゅうりに包丁を入れる度、親指に刃先が接近。








「だいじょぶですよ、だいじょぶ」








12yn-0630fanclubevent1-20-1.png

料理しているユノ自身の言葉がちっとも安心材料にならず、「おぉ」「あぁ」「おっ、おっ」と思わず声が

出てしまうハラハラ感は青天井。

更には

「みなさん、だいじょうぶですよ、だいじょうぶ」

と言いながら一切の躊躇なし、次々ときゅうりを切っていくユノ本人のみが感じていると思われる包丁さばきの

よさも、まな板の上を見れば切ったきゅうりの太さ、長さ共にバラバラ。

「ほんとにかんたんにやって」

と切られていくきゅうりたちは一向にみじんになることなく、まな板の上でただ雑に切り刻まれていくのみ。







その中のひとつをつまんで









12yn-0701fanclubevent1-20-1.png

「これは、ぼくがたべるの」

ときゅうりをポイっと口に放り込み、

「それで、まずひとりまえぶんのこれ、そうめん。そうめんあるでしょ」

とそうめん二束を両手で持ち上げたかたと思うと

「それするまえに、これだいじなんで」

すぐさまそのそうめんを置いて

「これやって」

L字のキッチンの上手奥に設置してあるコンロの火を調整し(強めただけ)、

「まずは、ソースからつくってみます」

と「まずは」が多過ぎて、雑に切り刻まれたまな板の上のきゅうりや持ち上げられてすぐに下ろされたそうめん

完全放置。

しかし、そんなことなど気にも止めず。

やること多くて気に止める余裕なしなユノ。





料理の手順を一生懸命覚えたんでしょう。

あれやって、これやって。

そしたら、それとこれして。

手順が書いてある紙を見ながら、作った時に覚えた通り手を動かして、指でひとつずつ確認してはこれの次は

これ、これ終わったら次にこれでしょ。

真剣になればなるほど、ちょっと口が半開きになりながら。





その片鱗は、

「ごまあぶらより、まずさと(砂糖)から入れて…」

客席に説明しているようで、覚えたものをひとつひとつなぞるように確認する言い方が独り言レベルで現れ、









12yn-0630fanclubevent1-12-2.jpg

「あれやって」













12yn-0630fanclubevent1-12-5.jpg

「これして」

発せられる小さな声もまたそれを感じさせる。





1人前が既に計量済だからなのか、迷いもなく調味料をボウルにドバッと入れる行為に、客席から声があがると

「ほんとに、ほんとにです」

と覚えた通りにやってるんだから違うくないの、大丈夫なのと客席を説得するユノ。

「おすいれてから、そしてごまあぶら…」

ごま油の入ったガラス容器を振りながらボウルに入れ、












ここでシェフとして大切なアドバイス。











12yn-0701fanclubevent1-18-1.png

「このずんばんがいつばんバランスいいんです」









手順こなすのに集中、手元の作業に打ち込むあまり、多少日本語が乱れようがお構いなし。

※注「この順番が一番バランスいいんです」と思われます


「ほんとです!ほんとですよ!!」

と自分の料理は決して間違っていない、疑わないでと大きな声で必死に訴えるユノでしたが、客席が

騒がしくなっていたのは日本語が乱れるほど料理に没頭しているユノにであって、ここまでの手順には特に

疑問なし。

「つぎはこれ、ぜぇ~んぶ」

次々と調味料がボウルに躊躇なく入れられていき

「だいじょ~ぶ、ひとりまえをかくにんしてきました」

「それで、これをこうやって」

コショウが入った容器の底を指でちょんちょんと慣れた(ような)手つきで叩くと、ドボっと一気に中身が落下。

左手に調味料が入ったボウルを抱え、右手でミニ泡立て器を持ち、

「そして、まぜます」

グルグルと20回くらい泡立て器を回し

「そのあとに、コチュジャンをいれます」

ミニ泡立て器でコチュジャンをガラス容器からこそぎ落とすように掻き出し

「そしたら、こうして…」

2万人の前で料理していることなんか忘れ、

2万人が自分の一挙手一投足を固唾を飲んで見守っていることなんか気にせず、

「これ(コチュジャン)がポイントですよね」と言ってきたミンシル女史の言葉なんか全然耳に入っていない

ユノは、ただひたすらコチュジャンを掻き出すことに集中。














awadate.jpegbowl.jpg

カリカリカリカリ……

2万人を収容したさいたまスーパーアリーナに、ガラス容器とミニ泡立て器が擦れる音がBGMの音楽から浮きまくり













awadate.jpegbowl.jpg

カリカリカリカリ…地味に響き渡るのみ。




その間、約10秒。

容器のコチュジャンを掻き出したことに満足したのか

「たっぷりいれます」

ようやくひと言。

「結構辛いの?」

ミンシル女史の質問に

「いやいや…」

と答えながら







左手の中指についたコチュジャンを






yn-991-1.jpg

ペロッ。










「おもったよりからくないです」









薬指についたコチュジャンを










yn-3193-2.jpg

ペロッ。










かっ、かわいい…

そのかわいさに「キャー」「はぁ~」「いやぁ~」etc…

吐息と声が入り交じったどよめきが客席から上がるとユノは、自分の料理に対する不安の声と思ったのか










12yn-0701fanclubevent1-15-1

「だ~いじょぶですよ、だ~いじょうぶ、だいじょうぶ」

と客席をなだめる。
















yn-4945-1.jpg

「今の“キャー”は、みなさんユノさんの指になりたいっていうので、心配じゃないですよ」

客席の気持ちを代弁するミンシル女史。

うなずく客席。

「そっちですよね」

そっちです!

「指になりたい!ですよね」

なりたい! ミンシル女史と客席が女子トークで盛り上がっている中

「あっ、そうですか」

小さな声でややおざなりに答えたユノは、会場の盛り上がりなんて気にも留めず、今度は調味料を入れた

ステンレスのボウルの中身を混ぜるのに夢中。

盛り上がる女子トークにユノがかき混ぜるカリカリと言う音が重なる。













awadate.jpegbowl.jpg

カリカリカリカリ……




「こいういふうにまぜます」

ステンレスのボウルの中身をカメラにみせながら混ぜ混ぜ。

「そして、つぎはぞうめんです!」

さっきのように左右の手で1束ずつそうめんをドヤ顔で掲げ、コンロにかけた鍋の方へ移動。

左手で2束そうめんを持ち、右手で束ねている帯を外すと、そうめんがバラバラと落下。

客席から「あーーっ」と声が上がる。

しかし、そうめんが少しくらい落ちたのはユノの中では落ちたことにはならないのか

「なんだよ」

手元からまた数本そうめんを落としながら、客席の方を見て威嚇。

帯を外したそうめんを左右の手に持ち、

「このままいれてもいいですけど、めんがからまらないように…」

きっと鍋に沿ってきれいに放射線状に入れたかったのでしょう。

鍋の上に身体を小さくして、右手のそうめんを












12yn-0630fanclubevent1-12-6.jpg

「こうやって…」

と言いながら鍋に沿って慎重に放射線状に回して入れるも、所々ドサッとそうめんがひと塊に入り、最後は手を

離してバサッっと一気に投入。

左手に持ったもう一束のそうめんを右手に移して、同じようにドサッとバサッと鍋にそうめんを入れる。

放射線状ほど遠し。




「だいじょうぶですよ」

麺がくっつかないようにすぐかき混ぜた方がいいのでは?

「だいじょうぶです」

全ての行為になにがどう「だいじょうぶ」なのかわからないまま、ユノに「だいじょうぶ」と言われれば

言われるほど不安が増す『HOっと キッチン』。









「そして、これが…」

鍋のそうめんを覗き込み








12yn-0701fanclubevent1-6-1.png

「できてないから、ちょっとはなししましょうか」

チャンミンの持ち時間を悠に2倍以上経過している中、そうめんが茹で上るまでいきなり会話を求められた

ミンシル女史は、

カンペをサッと確認して

「他の野菜はまだ大丈夫ですか?」

ユノシェフに料理をするように促す(さすがです)。

しかし、

「これはあとでちゃんといれたほうがいいですよ」

ユノシェフは「まだ早い」と言わんばかりに野菜を見るも

「あっ」

と思い出したような小さな声を出し、先ほど雑に切り刻まれたきゅうりが放置されたままのまな板に玉ねぎ半個

をセット。

迷うことなくザクザクとくし形に包丁を入れ、その後はなに切りなのか、どう切りたいのか、とにかくザクザクと

刻まれる玉ねぎ。








ユノ、真剣。








12yn-0630fanclubevent1-12-7.jpg

ユノ、無言。







「ユノさん、みんなが見てる。しゃべって」

「はい、みなさん。いえでこれを…えっと…」

ミンシル女史に話すように言われ、話始めたとたん、そうめんの鍋を二度ほど振り返り、手は玉ねぎを切っている

ものの、今度はそっちが気になって仕方がない様子。

「見ましょうか、そうめん」

ミンシル女史が手伝おうと鍋にかけよると

「いやいやいや、じぶんがみるからだいじょうぶですよ」

と玉ねぎを切るのを止め、すぐさま鍋に身体を寄せ、ミンシル女史からそうめん鍋奪還。

あくまで全部自分で作る意思を見せ

「まだ、できてないから。もうちょっと、それで…」

ぶつぶつと独り言。

「なにかあったら言ってくださいね、手伝いますから」

協力体制なミンシル女史の優しき言葉を、今度は鍋のそうめんの様子を見るのに集中で全く聞いておらず、

箸でグルグルとそうめんを回したり、持ち上げたり。

「うん、もともとはもうかんせい、できてるらしいんですけど…」








子供みたいに鍋を覗き込んで









12yn-0701fanclubevent1-9-1.png

「まだかな、これ」

火力を上げて鍋から離れ、まな板の方へ戻り

「これおわって…」

次になにをするのか思い出せないのか、なにかを言い忘れているのか、固唾を呑みっぱなしの会場の視線に

なにか言い訳したくなったのか、少し間をおいて大きな声で

「これがあとで、ほんとーに、あじがうまくなるフリになりますよね!」

左手を突き出して力説。

茹で上がる時間を待つのが美味しさの秘訣なのか、

へんな間も料理の大切なスパイスなのか、

次に自分がなにやるのか思い出せないことをごまかしているのか…














12yn-0630fanclubevent1-20-1.png

力説した勢いで、右手で包丁のハンドルを、左手を峰に添え玉ねぎを高速みじん切り。

しかし、先ほどのきゅうりのみじん切り同様、ユノ本人は慣れた手つき(風)で切っているものの切られた

玉ねぎ長さ、太さ、大きさ共にバラバラ。

更には、同じまな板に乗っていたきゅうりを除けもしないで切ったので、いつの間にかきゅうりも一緒に

切り刻まれることに。

白い玉ねぎの中に緑のきゅうりが混じり、それを更に細かく、いや更に雑に切って行くことにこれまた集中、









無言で一心不乱にトントントン。









12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

リズムよく、まな板の上で包丁の峰を軸に左右にスライドさせながら

















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

包丁についた玉ねぎ&きゅうりミックスを左手の人差し指でちょんちょんと払い


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

包丁の切っ先にあるものだけ細かく切られ


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

包丁のあごの辺りにあるものはただ左右に散らされるだけ。


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

細かくなっていくものとそうじゃないものと


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

まな板の上でユノによって拡大されていく、玉ねぎ&きゅうりのみじん切り格差社会。


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

だいたい、玉ねぎときゅうりって一緒に切るものなの?


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

「どうですか?」、「そんなに細かく切るの?」一切話さないユノに気を遣って話かけるミンシル女史を

またもや完全無視。


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

説明しながら料理、一度にふたつのことするのあまり得意じゃないもんね。


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

ひょっとして、もう話するの面倒になってきた?


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

わざと黙ってるでしょ。


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…

ねぇ、わざと黙ってるでしょ。


















12yn-0630fanclubevent1-10-2.jpg

トントントントン…









「そうっすね」

みじん切りしていた手元を見ていた顔をようやく上げ

「しゅちゅう(集中)しすぎて。はじめてやるから」

トントントントン…

それでもなおリズムよく包丁を見もしないで動かし、「ああーーー!」「あぶないっ」客席から一斉に

注意喚起の声がユノに向けられるも、そんなことは気にも止めず

「これ、あとでだれがたべます?」

目線を手元に戻して、包丁についた雑切り(みじん切りでもなく、ざく切りでもなくユノオリジナル“雑切り”と

命名させていただきます)の玉ねぎたちを左手の親指と人差し指で落としながら、未だゴールが見えて来ない

料理の完成後の嫁ぎ先を心配(するふりを)し、

「もしかしたら、チャンミンがたべたらちょっとこまる」









“後からのお楽しみ”、“サプライズ”的なことを隠すのが下手なユノは、








11-tvxq0720idn-making-46-1.png

暗にチャンミンが試食することをお知らせ。





鍋の方へ移動し、左手に持ったさえ箸でそうめんをぐるぐる。

「これを…」

今度は右手のトングで

「これでやってみます」

そうめんを持ち上げ














12yn-0701fanclubevent1-3-1.png

「お~、けっこういいかんじですね。うん、ずいぶんいいかんじです」

そうめんをじっと見つめるユノ。

「それをどうしますか?」

ちゃっちゃと湯切りせんかいっ!そう言いいたかったのは私だけではないと思うのですが、ミンシル女史は

少々焦りながらも辛抱強くユノシェフにお付き合い。

「これをまずは…」

右手のトングに絡まったそうめんを左手のさえ箸でとるという、料理ができない人がやりそうな、料理下手な

人ほど道具に溺れる感じをみせ

「みずを…」

トングとさえ箸を置き、コンロの火を止め(よくできました)

「みずを…」

両手で鍋の取っ手を持ち

「ちょっとおいときますね」

鍋を抱えてキッチンの下に潜り込むユノ。

主役が消えたステージに客席がわざつくと

「ほんとですよ~」

客席が常に自分に対して猜疑心を持った目で見ていると思い込んでいるのか(ある意味正解)、

客席がざわつく度その疑いを晴らそうと必死。

湯切りすると見せかけて既に茹でてあるそうめんと交換、そんなことしません、ほらと言わんばかりに鍋を

持ち上げてみせ、再びキッチン下へ。

キッチンからは、丸めたユノの背中の一部だけがのぞき

「あ~、これはたいへんですね、ほんとに」

キッチンの下で湯切りをやっているのか背中が動くものの、キッチン下からユノが抱えてきたざるに入った

そうめんからは湯気ひとつなし。

「これで…」

テーブルの上にあるボウルを取り

「う~ん」

左手でトングを持ち

「これで…」

ざるからボウルにそうめんを移し

「あ~、ほんとにたいへんだ」

トングでまた違うボウルにそうめんを移そうとすると、水洗いをしてないのかぬめりが取れてないそうめんが

ベトベト。

「これやって…」

何本かのそうめんがぴとーっとボウルにくっついてるのを

「これやりました」

特に気にすることなく、そのままべろ~んと移し









「そして…」

両手を軽く広げ









12yn-0701fanclubevent1-5-2.png

「これからほんとですよ。これからほんばん!」


























11-tvxq0720idn-48-1.png



















ユノシェフの本領発揮はこれから。

さすがは手に汗握る世紀のスペクタクルショー。

ここまでがプロローグだったとわ…。

ヘンな汗かくユノシェフのハラハラドキドキの料理ショー。














11-tvxq0720idn-making-40-2.png

ユノシェフの疑わしい経歴。

ユノシェフのおかしい言動。

ユノシェフのかわいらしい行動。

ユノシェフの危なっかしい手つき。

ユノシェフの怪しい料理。
















11-tvxq0720idn-making-5-3.png

これから本番です!







『FANCLUB EVENT 2012 「THE MISSION」』超個人的レポ~ヘンな汗かく世紀のスペクタクルショーへようこそ!その2~へ続く




SMT in TOKYO DOMEはこれやっちぇばいいじゃん、女の子に抱きつかないでギター抱きかかえればいいじゃん、ねぇチャンミンな方、チャンミンキラキラ!な方、ユノシェフにヘンな汗かいた方、ユノシェフにハラハラな方、ユノシェフにドキドキな方、汗かいてなくても少し笑えた方、続き読んでみたいと思った方万が一いらっしゃったらポチッと…す、す、す、すいません!一気にレポあげようとしたら予想以上に書くのに時間かかっちゃって、高々ファンミの1コーナー、ちゃちゃっと書けるんじゃないかと思っていたんですが、なにせ主役はユノ、自分の頭を整理しながらユノシェフと脳内対峙、私の救世主チャンミン様(またの名をツッコミ同志)がいらっしゃらない分、稀代の天才ユノとの対峙の内容濃い濃い、2時間くらいのショーを観た気分とハンパない体力消耗具合、あの時感じたユノのかわいらしさやおもしろさ、ユノに感じたハラハラ、ドキドキ、あイタタタ感、どうしたら上手く伝わるんだろうと思い悩みながら、あの日のユノを思い出しては「ぐふっ、かわいすぎる♥」とレポを書いてる途中でひとりニヤニヤ、


ユノ、たっ、たっ、たまらんぞーーーーー!!!!!!!


失礼しました、参加されたみなさんもきっと同じ思いをしてご覧になっていたと思うので、今さらこんなレポあっても仕方ないかと思いつつも、この日の『HOっと キッチン』の全収録はなかったので、細かく思い出して書いてみました、『その2』はもう書き上げているので後はアップするだけ、しかし、只今仕事多忙日々是決戦、誰か時間ください!でもでも、日々是ユノユノ♥でもありますので、時間出来たらすぐにアップしますな管理人・じぇいるんが、どうでしょう、これレポになってますか?大丈夫ですか?爪の先ほどでもいいので伝わってますか?長過ぎですか?つまらないですか?続きその2をアップしてもいいですか?とここまできて突如不安になってお伺い立ててながら、本日もここまでお付き合いいただいたみなさま、コメント、拍手、ポチッとしてくださるみなさまに心より感謝いたします!

※画像の出処は、写真の中にあります

スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 14:17:26|
  2. 超個人的レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
<<『FANCLUB EVENT 2012 「THE MISSION」』超個人的レポ~ヘンな汗かく世紀のスペクタクルショーへようこそ!その2~ | ホーム | Are You Ready?>>

コメント

じぇいるんさん伝わってます。ユノシェフだから~ユノシェフだから~を何度も連発していたユノシェフにやられております。7日1部に神戸で織姫になってきた私はユノシェフの素晴らしさにドキドキしました☆きゅんきゅんのドキドキしました。みじん切の格差社会、拝見しました。『いや~やられた』の言葉が私の心情にしっくりきます。チャンミンの素晴らしさ美しさ最強さ素敵さにきゅんきゅんのバクバクの心臓になるのですが、、、どうにもやられてしまったユノを思い出さずにはいられません。。。本当にスペクタクルショーをありがとう!東方神起!
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 15:34:57 |
  3. ichi #-
  4. [ 編集 ]

楽しみしてました

こんにちは。
じぇんいるさんのレポ、めちゃめちゃ楽しみにしてました!
続きも楽しみにしていまーす。
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 15:44:19 |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集 ]

 そう、そう、…そうでしたね、じぇいるんさん。 
 
 ユノシェフのパない破壊力に、すっかりみじん切りになってしまったあの日。

 「かわいい~っ」を繰り返すうちに → 「か、かわええっ~」と爺さまに変化したあの日。

 一瞬、真剣に…連れ帰りたくなりました。





 
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 16:07:20 |
  3. マイリラ #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!

身をよじり、涙目になりながら読ませてもらってます!
あぁおもしろいぃぃぃっ
残念ながら参加できないので、スペクタルショー自分の目で見ることは出来ないんですが、じぇいるんの臨場感たっぷりのレポのおかげて体感させてもらったような気になってます。
続きも楽しみです(^-^)
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 16:17:00 |
  3. hiyori #aB7FrtTA
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

じぇいるんさん初めまして!
いつも楽しく読ませて頂いてます!

私も6/30のファンイベ参加しました。レポで今すべてが思い出されましたw
料理しているユノシェフ・・・本当に可愛くって可愛くって顔のゆがみっぷりがハンパなかったです(*´Д`*)w
続きも期待してます(*´ω`*)!!
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 17:07:46 |
  3. まなてぃ☆ #oynetbTM
  4. [ 編集 ]

なるほど

あれって スペクタクルショーだったんですね
それなら納得です
やはり変な汗かきました
手に汗握るってこういうこと言うんですね
終了後どっと疲れが出ました

凄すぎるショーでした
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 20:06:09 |
  3. ふぅ #QXRaNfI.
  4. [ 編集 ]

まさかシェフとは・・・!

じぇいるんさん、こんばんは!
キラキラ~なチャンミンショーの後にまさか!のユノシェフ!
イロイロやらかしてくれてましたね~(^^)

「よかったね~ユノ・・・またじぇいるんさんがたくさんつっこんでくれるよ~!」と
心のなかで呟いてました・・・(笑)

回は違いましたが、おかげさまであのへんな緊張感(汗)と必死になってるユノのかわいさが
よみがえってきましたよ~!

続編楽しみに待ってま~す!
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 21:34:24 |
  3. kayoco #-
  4. [ 編集 ]

ハラハラドキドキ

私も同じ場所、同じ時を過ごしておりましたよ~。。。

ユノが料理って聞いた瞬間、喜びよりが不安が頭の中をよぎったのは、ゆのぺんとして正解ですよね??


もう、包丁持った瞬間からハラハラドキドキ。。。

包丁、右手でいいの?!
あ、危ないっ、危ないっっ、お願いだから話しながら、こっち見ながら包丁切らないで!
鍋見てないで、ちゃんと手元見て!!
ほら、そーめん落とした!!!
右手と左手、両方いっぺんに使わないで、怖いっっっ!!!


・・・でも、その一生懸命な姿が本当に愛おしくて・・・

ぎゅーっっっって抱きしめたくなっちゃいましたよぉぉぉぉぉ~!


その時は、あの「鳩避け」の衣装は着ないで欲しいもんです。
  1. URL |
  2. 2012/07/08(日) 21:41:27 |
  3. りんむう #-
  4. [ 編集 ]

ユノシェフ、たまりません( ´艸`)

記事を読んでて、あの日のハラ②を思い出しました(笑)
しかし最初の回が一番ハラ②だったようですね(^^;)
1週間経った今でも、あの可愛さを思い出し、浸ってしまいます☆

相変わらずお忙しいのですね(>_<)
あまり無理はなさらないで下さい…
続き記事も楽しみにしてます♪
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 00:44:24 |
  3. 早季 #-
  4. [ 編集 ]

7月1日の翌日

テレビの情報番組を見た、同僚から

「ユノ、料理してたよね」

ほほぉ~、ユノのミッションは料理かよ!
と、1人ツッコミ入れてました。

この後のチャンミンの反撃。

具は、キュウリとタマネギだけなのか?

確かに想像するだけで、背中を丸めてトントンするユノ、可愛すぎ!でもそれでいいのか、ファンミ。

等々、気になる事あり過ぎますので、

ぜひ続編「2」のアップお待ちしております。

暑さ、忙しさ、体調にはくれぐれもお気をつけくださいね、じぇいるんさん。
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 08:01:51 |
  3. miroku #yd6NwR0I
  4. [ 編集 ]

最高☆

あんな可愛い男を私は知りません!
この世のモノではありませんでした。
ユノ廃人となり、日常は…

野菜の格差社会
雑切りに
大笑いしました〜

その2も待ってます♪♪♪
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 09:27:43 |
  3. バンビ #-
  4. [ 編集 ]

じぇいるんさま、おはようございます!

神戸の最終行ってきました。

ユノシェフの包丁さばきに、ハラハラドキドキ!

危ないっ、危ないっ、私が切って差し上げます。


ソムリエエプロンをつける時に、Keep Your Head Downの冒頭の音楽に合わせて

体をくるりと廻しながら、紐がくちゃくちゃになるのも気にするもことなく、進行していきました。

『最後だからこれがやりたかった!』とユノシェフはおっしゃてましたよ。


お二人様は疲れた様子もみせずに、神戸も充分に楽しませてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです(涙)。



じぇいるんさま、続編楽しみに待ってま~す。



  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 10:01:20 |
  3. ヒロヒロ #-
  4. [ 編集 ]

さすが☆

お久し振りです じぇいるんさん♪


じぇいるんさんのレポ大好きですよ~

こころの底から楽しみにしてますよ~

行けない身としてとても感謝してますよ~

だいじょうぶじゃないユノの本番?のレポ
いつまででも待つので だいじょうぶですよ~


  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 13:13:13 |
  3. ファビオ #-
  4. [ 編集 ]

思い出します

じぇいるんさん、UPありがとうございます。
読みながら、思い出します。わたしは、2日目の2回目だったので、ラーメンの方でしたが、ハラハラドキドキ感は一緒だと思います。
もう、かわいくてかわいくて、時々かっこよくて、たまりませんね。
「あれ、欲しいよ〜」って感じです。苦笑
続きも楽しみにしてまーす。
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 13:35:19 |
  3. サクラ #-
  4. [ 編集 ]

めちゃめちゃ面白かったです><
私もその場にいたっけ?見たっけ?
と思うくらい、手に取るようなユノの描写!

じぇいるんさんとユノが結婚して、
毎日ユノレポしてもらいたいです。

...あ~うそうそ!
それはうそ!

チャンミンとのやり取り...
爆笑でした。
かしわすれたけど...ね!

続きも楽しみにしてます♪
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 19:01:06 |
  3. grico #-
  4. [ 編集 ]

スイマセン

今回、
『毎朝イケメンが落下途中で酸化してしまいそうなくらい高い位置からオリーブオイルふりかけたり』
この一文がツボでした(爆)
こっちのイケメンも好きなもので...
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 21:28:34 |
  3. ピロ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

私は「ちゃっちゃと湯切りせんかいっ!」が
どツボでしたよ(笑)

2部、楽しみにしています。

  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 21:53:16 |
  3. クロッペ #nhDH.Arw
  4. [ 編集 ]

今日のHEY×3のユノも、超カッコいいんですけどっ!!
ぜひぜひ続き、楽しみにしてます!
神戸で私も会う事が出来ました(≧ω≦)♪♪
もう、可愛さたまりませんっ!!
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 22:24:50 |
  3. mami #t0QjnfvM
  4. [ 編集 ]

ショーの最中、無言の時間がとても長く、そこから不器用男の一生懸命さがひしひしと伝わってきましたが、「お客さんの前なのにぃ、なに無言で作ってるんですかぁ!」というチャンミンの突っ込みが聞こえてきそうで、ちょっと怖かったですw
そしてそうめんを鍋に入れる時、複雑骨折して腕がこんななっちゃったのぅっていう状態で入れ終わっていたのが、かなり怖かったですw
SMTOWNチャンミンのギター弾き語りに100万票!
本人は断固拒否するでしょうけどねww
  1. URL |
  2. 2012/07/09(月) 23:49:25 |
  3. ricoco #dFr.oK0M
  4. [ 編集 ]

まさにあれこそ

じぇいるんさん、おはようございます。
多忙極めるなか、あの時のハラハラドキドキの臨場感あふれるレポ、アップありがとうございます。

私も無事に2日め2回めのイベント、参加しました。
ユノと料理....。
まさにあれこそ手に汗握るスペクタクルショーでしたね。

その2、楽しみにしてます。

これから暑くなりますが、お体に気をつけて夏男ユノを堪能して下さいね。
  1. URL |
  2. 2012/07/10(火) 07:38:30 |
  3. かっちゃん #YKLCYNEk
  4. [ 編集 ]

めちゃめちゃ面白かったです><
私、その場にいたっけ?見たっけ?
と勘違いするくらいのユノの描写!

じぇいるんさんとユノが結婚して、
毎日ユノレポしてくれたらいいのに...

ユノ可愛い可愛い...
そんな私はチャミペン♪

「うっせ」って言ってるチャミ、好きです。

続きも楽しみにしてます♪
  1. URL |
  2. 2012/07/10(火) 10:22:18 |
  3. grico #-
  4. [ 編集 ]

トントントントン…

トントントントン…トントントントン…トントン トトント トントントン♪

そのままBUT歌っちゃえばい~のに!のくだり、オモロですw

ユノ・・・A型なんですよね・・・

恐れ多くも言わせてもらうと、ユノ・・・他人とは思えないんです。

フォローのつもりで言ったことが、裏目に出ること多々あるし。。

良くできた後輩に対して、外見は寛大な先輩を演じてるけど、内心ビビってるし。。。

好みはチャンミンですが、他人と思えないのはユノ←何気分や、シバかれるぞっ。

本当、東方神起から目が離せません。
  1. URL |
  2. 2012/07/10(火) 20:36:38 |
  3. ぱるん #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。いつも楽しく見させていただいています(*^^*) ほーんとにユノはかわいいですよね(>_<) 私もファンイベント行きたかったです…だから、こういうレポすっごく楽しみにしてます!!はじめてな

のに長くてすみません_(^^;)ゞ
  1. URL |
  2. 2012/07/10(火) 21:55:32 |
  3. 赤トトロ #-
  4. [ 編集 ]

た、た、た、た、

たまらーーーーーーーーーーーーーんです!!!
(息たえだえ)

私、16日2部に参戦してきました。
ユノシェフ、ツボすぎてもう、吐血状態。

じぇいるんさんのレポ、細かい部分まであって、実際には見てないのに、目に浮かぶようです!!
ありがとうございますー!!!

はぁ。ユノかわいい。ユノ天使。大好き。

では、後半を読みにいってまいります!
  1. URL |
  2. 2012/07/11(水) 13:35:51 |
  3. ゆみん #FKyR7p2c
  4. [ 編集 ]

最高です!

最高に楽しませて頂きました!もうユノ凄すぎて、その場の雰囲気が感じ取れる内容で笑って良いのかな?ユノが一生懸命なのに周りはハラハラとか、司会の方とのやり取り無視とか、チャンミンをフォローするも、くどくて傷つけてるとか、野菜達の扱いとか日本語おかしくなってきてるユノが最高に素敵でした!後半視ます!
  1. URL |
  2. 2012/07/12(木) 16:04:14 |
  3. モモカン #N1u.ddIU
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/09/23(日) 00:13:59 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyjcy2009.blog62.fc2.com/tb.php/296-e431c945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じぇいるん

Author:じぇいるん
居たたまれない気持ちにさせるなら天下一品の
ユノにヘンな汗をかかされつつも
カワイくてカッコいいユノにドキドキして
キュンとしているユノバカ。
愛すべき男ユノを肴にMAX(ビール)飲むのが
お気に入り。
いただきます!ごちそうさまでした!
大好物はしっかりいただきます。
座右の銘は『棚からぼたもち』。

メールアドレス

Designed by Shibata

最新記事

ページジャンプ

全ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

カテゴリ

大好物/東方神起 (47)
大好物/ユノ (154)
大好物/チャンミン (15)
超個人的レポ (80)
東方神起内閣シリーズ (17)
大好物/ユチョン (5)
大好物/ジェジュン (2)
大好物/ジュンス (3)
大好物/カップルたち (1)
乙女ブログ『Love U-know&U-chun』 (9)
特別待遇/2U (13)
サイドメニュー (4)
食べ物以前 (3)
未分類 (0)

FC2ブログランキング

拍手もいいけど、ポチっともね! いいことあるらしい…

FC2Blog Ranking

みなさまに感謝、ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。