大好物は東方神起

カッコいいだけじゃない そんな東方神起にちょっとだけツッコミます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『宮』超個人的レポ~初日・ぐりぐりでぐしゃぐしゃ、べりべりでドンッ、そしてガシャガシャ~

yn-k-s44-1.jpg

今日も衆人環視の中、チューをするのですね。



『宮』初日から早いもので、今日で4公演目。


その初日を直接ご覧になった方、レポ、写真、動画等をご覧になった方もいらっしゃると思うので

今さらではありますが、ようやく書き上げたのでご興味のある方よろしかったらどうぞ。

但し、長文、悪文、拙文です。ご容赦くださいませ。








あの日、あの会場にいた全ての人の期待を一心に受けて幕が上がったミュージカル『宮』。

これから始まるであろう華やかで胸ときめく世界を予感させるレビューの中、










yn-k-s3.jpg

少々もったいぶって登場した皇太子殿下イ・シンことユノ。

左手を制服のパンツのポケットに入れ、ふてぶてしく大股で舞台の中央に歩み出てひと言「あ~、うぜぇ」。

冷めたく無愛想、生意気な皇太子シン。

そんなシンことユノの目は、アイライナーで縁取られている。

その色は、黒というより漆黒。

決して太くはないが、漆黒でぐりぐり。




かごの中の鳥ような窮屈で自由のない皇室生活に不満を持ちながら、それを素直に相談する相手もいず常に孤独、

付き合っていたヒョリンに「皇室は自由のなところだからお前にそれを強要できない」と別れを告げ、

突然ふって湧いた政略結婚の話も「そんなもの」と受け入れ、何ごとにおいても投げやりな

やる気のない皇太子シン。

という役を演じているユノは、役とは裏腹になんだか妙にさわかや。

学生生活を楽しんでいる同級生達をジッと見ていたり、

怠そうにベンチに座り音楽を聴いていたり、

登場する度に左手をパンツのポケットに入れて舞台を

上手から下手へ、下手から上手へつまらなそうに舞台を横切る皇太子シン、

なのにさわやか。

それは、演じているユノが持っている根っからの真面目さや、優しさが滲み出て

“冷たくて生意気”なシン、よりはそれを一生懸命演じている真摯なユノという印象の方が少しだけ強く

そこがなにかさわやかさのようなものに繋がっていたのかもしれない。

それがなんともユノらしい。

舞台上で進んで行くコミカルなシーンや、周りの人々が楽しく踊るというシーンとは全く別に

どこにもぶつけられない自分の気持ちを吐露しながら静かにひとり歌うシーンで、

ライブとは違う、しかも一曲をひとりで歌うユノを目の前にし、舞台のユノ以上に観ているこちら側の

肩に力が入ってしまう。

しかし、思っていた以上に物語に溶け込んだユノの歌はシンの心情を自然に表現。




テンションの上げ下げの激しいちょっと品のないチェギョン、終始一貫かわいそうで辛い立場のユル、

人生のリベンジに賭けるヒョリョン、慈悲深いというよりおもろいオバハンと化したジャバザハット

(by 『Star Wars』)的皇太后、いかにも悪い女復讐に燃えるユル君ママ、

皇太子殿下シンをあらゆる意味で心から慕いながらストーリーテーラーの役割を担う内官etc…

と大変濃いキャラクター達が全て出たところで、一幕目の見せ場婚礼の儀へ。









yn-k-s2.jpg

韓服(龍袍)に身を包んだユノは、もとい、シンは皇太后、天皇、皇后へ深々と頭を下げ、厳かにそして静々と

舞台奥から中央へ歩み出る。

堂々として品があり、美しいその姿は、まさにシン皇太子そのもの。

と言いたいところでしたが…

ユノの着た韓服の襟がぐちゃぐちゃ。

どんなに背筋を伸ばしても、伏し目がちな目線に高貴な雰囲気を漂わせても、

慌てて着るほど時間がなかった訳でもなく、伝統服と言えどもそこは舞台。

先ほど着ていた白いシャツの上に簡単に羽織れるようになっていたはずなのに

なぜか襟元ぐしゃぐしゃ。

あぁ、ユノってば。

ユノだわ、ユノ。

で、一幕案外あっさり終了。













合房の儀で始まる第二幕。

まんまと薬湯を飲まされたシンは、チェギョンと同じ床へ。






yn-k-s8-1.jpg

舞台の上と言えども、ユノが布団の上にいるというシチュエーションが生々しい。









yn-k-s6.jpg

ユノが布団の上にいる。

しかも、女性と。

いつもスカートの下にジャージを穿いているチェギョンに「なんとも思ってない」と言い、

茶化し気味に彼女のスカートをまくり上げると合房の儀に合わせてジャージを脱いでいたチェギョンの

下半身に驚き、思わずドキドキのシン。

お~、いいぞ、いいぞ。

お互いいがみ合いながらも相手を意識せざる得ない状況の中、「オレはもう寝る」と着ていたシャツを脱ぎ

チェギョンとは反対を向いて寝ようとするシン。

シャツの前立てのボタンはマジックテープに変えられ素早く脱げるようにしてあったので

ユノが勢いよくシャツを脱いだその時ベリベリと音を立て、サッと脱ぎタンクトップ一枚に…

なるはずが、

袖のボタンを外し忘れたのでしょう。






それはまるで2009.7.4『Xiahtic』(@東京ドーム)状態。






右袖のボタンが留まっていた為に、サッと脱ぐはずのシャツが脱げず左手で右袖を外そうと強く引っ張る度、

台詞に力が入ってしまい、それが面白いほどはっきりしているので、「これは演出?」と思ってしまったほど。

(そうではなかった証拠に、次の日のRUNはシャツを脱ぐシーンの前に障子が一度閉まる間に袖のボタンを

外していて何の問題もなく脱いでいた)。

そうこうしているうちに右袖から手も抜け、白いタンクトップ一枚になると、

すかさず客席から次々と上がる双眼鏡。

双眼鏡タイムに突入したユノは、腕立て伏せをしたり、ふて寝したり。

「お~、今日は下着の色は黒か!」と一瞬舞い上がるものの、トランスミッターを押さえている

ベルトだと気がつき自分の興奮具合を反省。

チェギョンのカツラを乱暴に取るというシーンでは、本当に乱暴に取りチェギョンの髪がバサバサに(同じく

RUNは、乱暴に取るというシーンながらそうっと外してあげてました)。

シンとチェギョンがお互いに意識しあいドキドキしてしまうこのシーンに違った意味でドキドキ。










一幕にやや見せ所が少なかった印象のユノのシンでしたが、二幕、ここに来ていきなりの出血大サービス!










yn-k-s1.jpg

確実にユノの為に作ったとしか思えない、ダンスバトル対決。

いきなり始まったユル君とヒョリョンが激しくそしてセクシーに踊るラテンダンス。

高校生が社交ダンス。

あのユル君がフリルシャツ着て、ラテンなダンスをするなんて。

宿敵&恋敵というべきユル君にダンスの挑戦状を突きつけられた形になったシンは、

チェギョンにほだされるように“ソロダンス”へと。

もうここからは、『宮』とかシンとかもうどうでもいいですわ、なダンスシーンに突入。

これでもか!ってなユノ全開。

被っていた帽子が飛ぼうが、「殿下、いつの間にそんなにダンスを?」や

「他のトリプルキャストのみなさんはこんなに踊れるの?」な疑問が頭をかすめても、

踊り始めたら、そこにはただユノがいるだけ。

舞台はもちろん観客からも大きなかけ声も出て、最高にホットなシーンに。

ユノ・シンのキレまくるダンスvsユル君の社交ダンスという、完全異種格闘技、これ勝負付くの!?的対決に。

これに続く「シン君はショルダースピンが得意なんだよ」というチェギョンのひと言にシンが

応えたばかりにその後、皇室を揺るがす大問題に発展するとはシンもチェギョンも

ましてや観ているこっちもつゆ知らず(みなさん、ついて来れてますか!?これは『宮』の話の一部ですよ。

教訓:皇太子殿下はショルダースピンをしてはイケナイ)。

その異種格闘技中に自分が踊り終えた後、シンがユル君のダンスを見つめるシーン。

踊っている時はユノ全開でもユル君のダンスを見ている時は、ライバルを静かに見つめるシンにならなくては

いけないので、ダンスであがった息を必死で押さえつつ、感情を内に秘めながらユル君を見ているユノの

白いTシャツにしだいに浮かび上がってくるB地区をこれまたいろんな感情を内に秘め静かにみつめる女、

じぇいるん(みなさん、ここも双眼鏡タイムです)。

チェギョンへバックハグしたり(乙女の憧れ)、

内官(男)の耳元に甘えるように囁いたり(じぇいるんの憧れ)

チェギョンを無理矢理引っ張るところで、手首をグイッと引っ張らないと無理矢理感が出ないのに

お手てつないで舞台袖に引っ込んだり(無理矢理感20%)、

左手をポケットに入れ損ねて2回ほど左手がポケットを空振りしたり(かわいい)、

靴下脱がされたり(かわいい)、

サンチュ食べさせられたり(かわいい)、

ちょっとお間抜けなジャージ姿があったり(かわいい)、

ドラマでは胸がキュンとするシーンが、「ドリフ」(by『8時だよ!全員集合』)的な演出になっていたり

(やや居たたまれない)、

自分のしたことで皇室がゴタゴタになり、いつの間にか芽生えていたチェギョンへの感情を

上手く整理できないまま、それと共に立場的にもユルへのライバル心を押さえきれず、

とうとう声を荒げてユルと殴りあうその姿は真剣そのもの(チャ・ボングン度85%)。

一幕より登場場面が多いニ幕はなにかと見所が盛りだくさん。











自分の気持ちにシン自身が初めて素直に向き合えた時、両手を大きく広げ歌われる一曲の歌。

それはユノによって、いや、シンによって歌われ

その歌声は、心地よく耳に届き、

その希望に満ちた歌は、聴く者に感動を与え

その浪々と歌い上げる姿には、凛々しさの中に優しさが溢れていた。










離れ離れに暮らすことになったチェギョンの元を訪れたシン。

サックスブルーのスーツに身を包んだシンは、チェギョンの前に膝間づき、ポケットから指輪を取り出し

彼女に改めてプロポーズ。

まるで映画の一コマのようなロマンティック場面なのですが、シンがチェギョンの家に入って来た時…

タイトなスーツのパンツのポケットにねじ込まれた指輪の入ったケースが、もっこり、あっ、じゃなくて

ぼっこり盛り上がっていて、「ひゃ、勃ってる、あっ、じゃなくて立ってる」状態に見え、

すぐにそれが指輪だとわかったにも関わらず、ユノが横を向く度に「ひゃ、勃ってる、あっ、じゃなくて

立ってる」と
やはり舞台の上とは少し違うドキドキを味わっていたところでエンディング。








シンとチェギョンが手を取り合い見つめながら『Perhaps Love 』を歌っているふたりは本当に楽しそう。

あれこれ盛り込み過ぎてやや散漫気味だったストーリー展開もここまでくれば、

皇室とか王位継承とか難しいところを取っ払えば結局はチェギョンとシンのラブストーリーだったんだな、

舞台の上でしあわせそうに歌っている二人を観ながら微笑ましく思い、キスシーンのことなんか

殆ど忘れかけていたところで二人が抱擁をした次の瞬間…



















あっ…















した…















それはほんの一瞬であり、ユノはその後何ごともなかったようにチェギョンの手を取り舞台を後にしたのです。













あれは、チュというよりは「ドンッ」という衝撃音がするようなキスシーンでした。

パッと抱き合ってドンッとチューをした、タイミングを見計らったような、

場合によっては歯が当たったんじゃないかという勢いのある非常に初々しいキス。














ユノが目の前でチューをした。














ひっひふぅ~、ひっひふぅ~。

あっ、これラマーズ法でした。

ヒィ~、ハァ~!

って『Choosey Lover』のユノじゃなくて…

深呼吸、深呼吸。

ふぅぅぅぅぅぅぅ…、うぅ。





















オープニング同様華やかなカーテンコールの最後に舞台下手から登場したユノは、

一瞬引き締まった表情みせたものの、

チェギョンの手を取り、舞台中央に歩みでながら次第に笑顔に。











yn-k-s22-1.jpg

それは、初日を迎えられた喜びとそれを終えた安堵感が滲み出ているような笑顔だった。





















yn-k-s25.jpg

その微笑みを絶やさないまま、会場にいた全ての人が賞賛の拍手を舞台に惜しみなく送るのを

「しっかり受け取ったよ」と答えているような

「ここまでとうとう来たよ」と伝えたいようなそんな気持ちだったのだろうか。













yn-k-s26-1.jpg

ユノは、会場全体にその合図を送るように大きく右手の親指を突き上げた。















yn-k-s9-1.jpg

それぞれのキャストが持てる力で目標をひとつにしてきた














yn-k-s18.jpg

『宮』初日の幕は、ユノが手を振り、最後にもう一度客席に大きく親指を突き出した時閉じた。























yn-k-s29-1.jpg

そして、なおも鳴り止まない拍手に迎えられ、再び登場したユノは

出て来るタイミングと、LEDパネルの付いた幕が開くタイミングが合わず

その結果、ガシャガシャと音を立てて挟まれ、ややふらつきながらも、体勢を立て直し











yn-k-s32-1.jpg

「どうもありがとうございまぁす!」と日本語であいさつをし深々と頭を下げた。
















yn-k-s38-1.jpg

今、舞台の真ん中でスポットライトを浴びているユノは、ほんの数時間前初めて登場した時より

一段と輝いて見えた。













舞台の上でユノは成長し続けている。












yn-k-s41-2.jpg

その一層増したキラキラとしたオーラを振りまき、ユノは手を振りながら舞台下手に颯爽と去って行った…

と言いたいところですが、

舞台袖が狭かったのか物が置いてあったのかわりと窮屈そうに身体を斜めにしながらお世辞にも颯爽とは

言えない去り方で消えて行ったユノの背中を観ながら、今日はやはり“初日”なんだなと

感慨深い気持ちになったのでした。
















さて、どうでしたか?

幕間の休憩入れて約2時間45分。

これはあくまで初日の話でありまして、先ほど言ったようにユノは日々舞台の上で成長していると思うので

この日いたユノ演じるシンはもういません。




あの日のユノは、皇太子イ・シンになりきっていたのか。

なんと答えていいのでしょうか、よくわかりません。

それはユノが役作りが出来ていないとか、演技力不足とかということではなく、

チャ・ボングンの時もそうでしたが、ユノが役に入り込めば入り込むほど

役に真摯に取り組めば取り組むほど、どこかで必ずユノ自身と役がリンクして、

いつの間にかチャ・ボングンの中にユノが見え隠れし、気がつくとユノとチャ・ボングンが

クロスオーバーしていたように舞台のユノとイ・シンはリンクし合いひとつになっていました。




舞台は生き物。

次回観に行った時、果たしてどんなユノがいるのか、

ユノとシンとがどうクロスオーバーしていくのか。

『宮』という作品を通して、成長し変化していくユノを観るのがとても楽しみです。

ただ、ユノが舞台の上に初めて登場した時に感じる胸がギュウっとなってキュンとするあの感覚と、

観終わった時に感じるとてもしあわせな気持ちは何度観ても変わることはないでしょう。





途中で読むのやめてここまで来ちゃった方(正直ですね)、あの日あの場所にいた方、ユノのぐりぐりに、ユノのぐしゃぐしゃに、ユノのベリベリに、ユノのB地区に、ユノのドンッに、いやドンッだろうがチュッだろうがブチューだろうがダメダメダメダメ~な方(じぇいるん案外こっちでした)、あらわたくし平気よという大変大人な方(尊敬します)、幕に挟まれるなんてユノは神だと思う方(本当にそうです)、相変わらずなにかやらかしちゃうユノが愛おしい方、ユノシンマンセーな方、笑えなかったけど少しだけ初日の様子がわかったと思う方ポチッと…いや~、ほんと今頃ですいません(とり急ぎ謝罪)、前から5列目以内の席が近すぎて双眼鏡のピントが合わず全て肉眼でガン見、あの日以来サックスブルーのユノのチューが脳裏から離れず次の日朝起きてホテルの天上をひとり見つめながら「あぁ、ユノがチューした」と思いに耽りことあるごとにその話をしては「じぇいるん、案外乙女ね」と笑われ、そしたらなんと2度目の時は初日とは全く別えらく濃厚になってて「うへぇ~」な気持ちになり私はいったいこのチューを何回観ねばならないんだと指折り数えて再び「うへぇ~」となっているユノバカで案外乙女だった管理人・じぇいるんは、別にチューを観に行くんじゃないのユノの舞台での成長やダンスややらかしてしまうのを見逃したくない気持ちで行くんだから気にしない気にしないあ~そろそろ旅の準備しないとと自分にいい聞かせながら、初日ってやはり公開ゲネプロな様相が濃いので決して完成形ではなくその後どうなったかは見届けないといけないですよね、その分ハプニングが多くて面白いと言えますがと“初日”の意義はそんな感じかしらと語りながら、世間が騒がしい今空気読まずに上げたこんなレポと愚痴にお付き合いいただいたみなさま、コメント、拍手、ポチッとしてくださるみなさまに乙女な心で感謝いたします。
それと、シンという役をユノがどう作り上げて来たかを立体的に知る上でとても勉強になると思うので、他のトリプルキャストの方の回を観る機会があったらぜひ観劇をお勧めします。

最後に少しだけ…大きなニュースが飛び込んで来るとやはり慌てるものです。しかし、そんな時こそ、そこにある事実と少し先の未来を見ながら、ひとつしかない真実を見極める冷静な判断と自分と大切な人を見失わないような信念が必要な気がします。

※画像の出処は、写真の中にあります
スポンサーサイト
  1. 2010/09/19(日) 01:04:26|
  2. 超個人的レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:31
<<『宮』超個人的レポ~そう思った方、正解です~ | ホーム | ユノ、そんなに好きだと思いませんでした。そして、新キャラ登場!?>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/09/19(日) 01:59:50 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ああ、ユノ・・・

じぇいるんさん、レポありがとう~~!!

文章読みながら「かわいい❤かわいいよ、ユノ❤」と
つぶやいてしまってました(*μ_μ)ポッ 。



  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 03:25:29 |
  3. へいないすおっさん #-
  4. [ 編集 ]

状況がよくわかります。さすがじぇいるんどの!
ありがとう!!
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 06:38:12 |
  3. kamonee #xQ3amQCg
  4. [ 編集 ]

待ってました、じぇいるんさん!!

なんか初日って ただただ緊張するよね、観る側も(笑)
どんな舞台を見ても どんなベテラン様でも緊張してるのが手にとってわかる。

ユノならなおさらだわぁ~(笑)

まぁ、チュウに関しては
経験値の少ないユノが一目でわかるような感じでしょうか(笑)
あたしゃ、「もっとやれ~~~!!」派 なんで、(爆)。

とりあえず、御苦労さまでした。
無事なご帰宅で 安心しました。ありがとう!! 
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 08:20:27 |
  3. 茶々 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます♪♪♪

じぇいるんさん、いろいろ謙遜されていましたが、期待以上のレポでしたよ。GJ!d(´∀`*)

しかし…e-263
>私はいったいこのチューを何回観ねばならないんだと…
…って、何回行くんですかっっ!?Σ(д゜lllノ)ノ
もしかして、ユノの回全公演行くとか???
羨ましい…。

あなたに『e-267e-354Queen of U-KNOW Pen in Japane-267e-267』の称号を与えたい(*^∀^ノノ

  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 10:03:16 |
  3. cheeky #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

今日のレポもとっても楽しかったです^^

じぇいるんさんは優しいですね。

ありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 10:08:41 |
  3. 14ch #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/09/19(日) 11:13:30 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

待ってましたよ~

じぇいるんさん、レポありがとうございます。
私も同じ空間にいたのですけど、舞い上がってたのか覚えてないこと多くて、
こんな細かいツッコミ毎度ありがたいです^^
シャツぬげなくてちょっと照れ笑いしてましたね。
最後、幕にはさまれてたしかにふらついてましたわ^^
全部かわいくて、ちょっとかための初日ユノ・思い出して胸がきゅんきゅんですわ。

回を重ねるごとに成長しているユノもまた観たくてたまりません。
ってことで地方公演行くことにしました。
真冬の韓国、寒さに弱い(暑さもです)yuniですがユノのためなら・・・。
じぇいるんさんもきっとどこかの会場に現れるんじゃないですか?
それとも、10月の最終日かな~~??

私もRUNさんの公演も観ました。嫌になるくらい冷静にガン見できて良い経験でした。
でも、ついつい顔をユノにおきかえてる自分がいました。
RUNさん許して。
次は、ドンホさんも観るつもりです。またやってしまいそうだけど。

ユノ生チュウシーンについては、あえてスルーさせていただきます。
あれ、いらな~い!!(心の叫び)
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 12:23:59 |
  3. yuni #Bs/Xgq9g
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/09/19(日) 12:45:38 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

きらっきらっ のユノ

じぇいるんさん、「宮」超個人的レポ ありがとうございます。
9月9日記事「初日おめでとうございます・・・今年一番我慢した話」で、じぇいるんさんに フェイントかまされ(あ、失礼!) フェイントかけられて、
「エ~~~~~!! じぇいるんさん、ユノの『宮」の初日に行けなくなっちゃったの~~~!?」って、
ものすごくびっくり、 とショック受けてしまって。。。。
で、最後まで読んで、 「上海SMT」の方だったって分かって、めちゃくちゃ安心した(じぇいるんさんに頼りっきりの他力本願ですみません) 身勝手な私でした。

あの日、あの記事を読み始めて 「じぇいるんさんが 初日いけなくなっちゃった!?」と思った瞬間、 ユノお父さんの顔が目に浮かんだんです。

どんな顔かと申しますと、
7月17日記事 「チャンミン神の子、ドSの子」に翻弄される人の子、ユノ」 の中の、一番下から13枚目の写真(ややこしい表現ですみません)

部屋を散らかすユノが、チャミ君から 「もう 一緒に住むのやめようか?」 と、ドS発言されて、焦ってる写真。
じぇいるんさんのナイスチョイスの写真のユノの表情と、そこに添えられている絶妙なセリフ!!
「なんで!? ヤダッ! 悪いとこあったら言って!なおす努力するから」

じぇいるんお母さんが 「宮」の初日に、「急に行けなくなった」って知ったら  「えっ なんでっ!?」 って、
ユノお父さんがすごく不安そうな あんな表情するんじゃないかなあって ふっと思ってしまったんです。
だから、そうじゃないって分かった時、 ユノお父さんのほっとした安心した表情が見えるようで・・・

生の舞台で、回を重ねるごとに どんどん成長、進化していってくれるユノが楽しみです。
10月24日の楽日には、どんなユノが、イ・シンが そこにいるのでしょう。

ただ、「チューシーン」に関してだけは、初日のように 「出会いがしらの事故?」のような、「はずみでしちゃった?」みたいな 「ユノらしい 初々しいままのチュー」で、進化しないで欲しいですけど・・・・

でも それでは、毎回 歯が当たったりしたら 相手の女優さんがかわいそうだから、まあ仕方ないですかね?
ちなみに、この公演が終わるまでにユノが舞台でするチューの回数は、ユノが今までの実人生でしてきたチューの回数を、はる~~かに超えてしまうのではないかと、 よけいな心配?しながら、実は結構ショックを受けている自分がいます(苦笑)。

とにかく ユノの新しい挑戦、舞台でイ・シンを演じるユノの きらっきらっの澄んだ目を・・・・
まわりでは これからも いろんな事が起きたりするでしょうが、このユノのきらっきらっの目を ずっとみつめ続けて行きたいと、
「宮」のユノを見て、 改めて 強く思いました。

じぇいるんさん、お忙しい中 素敵な記事をありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 12:47:57 |
  3. i #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。
楽しく読ませていただきました。

ユノペンだけど、東方神起ペンだから
心がざわついてましたが、
じぇいるんさんの記事で落ち着いたかな。

次の記事、待ってます。
ご自愛ください。
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 13:37:11 |
  3. youko #-
  4. [ 編集 ]

じぇいるんさんこんにちは!

宮レポートありがとうございました!
すごく分かりやすかったです。
ユノさんのダンスのくだりがツボで何度も読み返してしまいました^^
ダンスの異種格闘技、もうそれだけでおなかいっぱい♪
しかしまたユノさんの制服姿、超素敵ですね!!!
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 13:47:32 |
  3. ゆのゆの #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/09/19(日) 14:38:58 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

レポありがとうございます

じぇいるんさん、詳しいレポありがとうございますm(__)m

初日って、本人も見る側も特別な日で
肩に力が入ってしまった気持ちが手にとるようにわかりました*^^*

何となく聞いていた、ダンスやベッドでのシーンもよくわかりました。
チューシーンはすでに進化しているようで^^;
そのシーンにこだわる、じぇいるんさんの乙女ぶりも微笑ましくて・・(笑)。
でも、あと何回行くんですか?

ユノが、いつも笑顔でカーテンコールに応え、楽日まで無事終えられること祈るだけです。
チャンミンはいつ行くのかな?
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 16:03:03 |
  3. ゆっふぃー #e0z5eYK6
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/09/19(日) 16:45:20 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ヒーハー!!

じぇいるんさん、詳細にわたってレポして下さり、ほんとうにありがとう。
チュウシーン、、、サジンがUPされ、見たとたん、自分を見失っている自分を認識してしまい、
冷静でいられない自分って、、、、と、さらにやばくなってしまいました。
この年で乙女もないですが、なんなんだぁ、、、、何十年ぶりの心臓わしづかみされた感。
ゆのがこんなに好きだったぁ~~~~~なんて。
ま、じぇいるんさんほどではないですがっ。

でもゆのって、大きな仕事のときっていつも外野(失礼)が波風立ってませんか??
落ち着いて他を考えなくていい状況で集中してお仕事させてあげたいな~なんて。

ゆのの生歌、さぞかしうっとりだったでしょうね。
今度は映画とか、言われてますが。
今後もゆのから目が離せません。

自由にどこでもいけるじぇいるんさんがうらやましいです。
私みたいに行きたくても行けない状況のファンにとっては、じぇいるんさんのブログがくもの糸みたいなもんでして、、、
今後ともよろしくお願いヒーハー!!(すみません)

ちゅーじーらばーの白スーツのチャンミンがすっごく好きなkでした。あれ?
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 19:16:22 |
  3. k #-
  4. [ 編集 ]

確かにぐりぐり

日本語で「ありがとうございました」…
なんだか嬉しい。
そう、日本でもみんな応援していますよ!行った人も、行けない人も!

ユノの婚礼の衣裳の下のほうが、キャラメルコーンのパッケージに見えてしまった私。

ああ…行きたい、見たい!ユノォ~のちゅうぅ~!!!
いえ、すみません、お芝居を!
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 19:19:23 |
  3. ねこまんま #.0PDnPjI
  4. [ 編集 ]

ゆのゆのゆのゆのぉー。

レポおつかれです!!☆

いや、ユノ先輩かわいっすね。

  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 20:23:53 |
  3. seveeeeen #-
  4. [ 編集 ]

シンビ

あ~職場にひんしゅく買おうが、お金がなくなろうが、やっぱり見に行けばよかった…と日増しに思います。今一番ユノに会いたいのに…。

舞台の上で本当に心から笑っているユノを久しぶりに見たように思います。ユノのあの目がなくなるくしゃくしゃの笑顔が大好き。それを近くで見れる機会って今後もうないような気がする…(>_<) あーもうバカバカバカ!なんとかして行けばよかった!

ユノのチュー。写真で見る限りでは私は平気でした。なんか嬉しかった。仕事だけど、ユノも普通にチューする男の人なんだなぁって。実際見たらこんな冷静じゃないのかもしれないけどf(^_^; じぇいるんさんは平気かと思ってたので、うひょ~となっちゃうの意外でした(笑) やっぱり好きな人の前ではみんな乙女になりますよね(*^_^*)
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 21:02:09 |
  3. 後悔…… #-
  4. [ 編集 ]

あれ!?

タイトルとネーム欄を間違えてたみたいです( ̄▽ ̄;) すみません!!
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 21:05:54 |
  3. シンビ #-
  4. [ 編集 ]

楽しく 自分もその場にいたかのような気持ちで
読ませていただきました(^^♪

襟グチャグチャ・・・それでこそユノ!!と思いました(^^♪

ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 21:54:41 |
  3. tomboy #-
  4. [ 編集 ]

じぇいるんさん

いつもとても楽しみに読ませて頂いています^^

さわやかさが滲みでちゃうユノ、分かります

だってさわやかなんだもの!

B地区のように隠したくても隠せませんよね。

とっても詳しく楽しいレポ有難うございました^^
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 22:23:44 |
  3. kiss-yuno #-
  4. [ 編集 ]

宮レポートありがとうございました。
ユノがユノってる~で、萌え~です。
やっぱり そうでなくちゃv-238

そうなんです!
ユノのちゅ~!
初日はちゅっだったのに、 ちゅ~~~~~になってたらしく、
あ~もうすぐチングが観にいくのに、耐えられるだろうか心配ですe-263
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 22:59:05 |
  3. ラムしゃぶ #-
  4. [ 編集 ]

臨場感^^

もうもう、よく伝わります!
ああ、どうか・・SMタウンと「宮」、日本へきてきて
ホミンもホミンペンも 健気にがんばっているのだから
 
ユノはタイトなスケジュールのなか、「ホントッニ」がんばってるね。じゅえいるんさんと一緒だね 
映画も決まりそうだし~
こんな状況だからこそ・・楽しいことだけ考えてくらします^^
チャミに怒られないようにお掃除もがんばってしています      

日本でホミンに逢えますように^^
  1. URL |
  2. 2010/09/19(日) 23:38:57 |
  3. harumin #-
  4. [ 編集 ]

楽しいレポありがとうございました!
待ってましたよ~
ユノってほんと良いなあ。
じぇいるさん視点から見ると、ますます愛おしくなります。

そして、「ただ、ユノが舞台の上に初めて登場した時に感じる胸が
ギュウっとなってキュンとするあの感覚と、観終わった時に感じる
とてもしあわせな気持ちは何度観ても変わることはないでしょう。」
このコメントにとても深く頷き、感動しました。

プッ!と噴出したり、うるっときたりしながら楽しませて頂きました。

  1. URL |
  2. 2010/09/20(月) 00:09:04 |
  3. HOHO #5q92NGew
  4. [ 編集 ]

じぇいるんさん、詳細レポありがとうございます。
やっぱり初日は意義がありますね。

ドラマでは大丈夫だったユノぽっぽ。
果たして生でも私大丈夫かな。
心配になってきました。

じぇいるんさん、一体何回ユノぽっぽを傍観するのですかー??www
きっと寿命縮みますよ?
  1. URL |
  2. 2010/09/20(月) 00:24:26 |
  3. sWeets #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

じぇいるんさんのレポ。心待ちにしていました!

初日のユノの様子がとてもよくわかりました~
やっぱり!?やらかしてくれたのですね^^
でも、私はそんなユノが大好きです!!

  1. URL |
  2. 2010/09/20(月) 01:36:52 |
  3. ニッキー #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2010/09/20(月) 09:24:41 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

素敵デス☆

ユノお疲れ様です♪
ユノへの愛がいっぱいなレポですね^^
じぇいるんさんのユノへの愛が優しくて、読んでいて心がとっても癒されますe-420
そして、私のユノ愛もドンドン上昇i-184ですよ
  1. URL |
  2. 2010/09/20(月) 12:56:53 |
  3. えれ #-
  4. [ 編集 ]

今回も泣かせて頂きました。
(笑わせても頂きましたが!)

初日、ソウルにはいたのですが、観れませんでした。
会場にも行ったのですが・・・

これからの公演も、行きたいけど今の所ガマンです。

じぇいるんさんのステキなレポ、楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2010/09/21(火) 12:47:08 |
  3. りんむう #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして^^

いつも勝手に拝見させてもらいながら今回初コメです(^ω^)

私もユノペン、ゆのばかです


じぇいるんさん視点のレポ書いてくださりありがとうございました(>_<)

実は私も演劇をやってた者で、今回のユノはいつも以上にすっごく気になってるんです!!

じぇいるんさんがちゃんと演劇の基本?や極意?をわかってくださってる方で良かったです

ゆのは絶対に進化し続けます

あと、最後の言葉にすごく感動しました


ひとりでも多くのトンペンが早くこのことに気づいてほしいですね(´`)
  1. URL |
  2. 2010/09/21(火) 16:45:37 |
  3. ちぅ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyjcy2009.blog62.fc2.com/tb.php/159-37f5bf7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じぇいるん

Author:じぇいるん
居たたまれない気持ちにさせるなら天下一品の
ユノにヘンな汗をかかされつつも
カワイくてカッコいいユノにドキドキして
キュンとしているユノバカ。
愛すべき男ユノを肴にMAX(ビール)飲むのが
お気に入り。
いただきます!ごちそうさまでした!
大好物はしっかりいただきます。
座右の銘は『棚からぼたもち』。

メールアドレス

Designed by Shibata

最新記事

ページジャンプ

全ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

カテゴリ

大好物/東方神起 (47)
大好物/ユノ (154)
大好物/チャンミン (15)
超個人的レポ (80)
東方神起内閣シリーズ (17)
大好物/ユチョン (5)
大好物/ジェジュン (2)
大好物/ジュンス (3)
大好物/カップルたち (1)
乙女ブログ『Love U-know&U-chun』 (9)
特別待遇/2U (13)
サイドメニュー (4)
食べ物以前 (3)
未分類 (0)

FC2ブログランキング

拍手もいいけど、ポチっともね! いいことあるらしい…

FC2Blog Ranking

みなさまに感謝、ありがとうございます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。